JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20歳男性9月28日に膝前十字靱帯再建手術を受けました。 軟骨は少し傷ついていましたが半月板は無事でした。予後は順調

解決済みの質問:

20歳男性9月28日に膝前十字靱帯再建手術を受けました。 軟骨は 少し傷ついていましたが半月板は無事でした。予後は順調でギブスのまま松葉つえで歩いたりしています。 土日がはいってしまったのでリハビリは10月1日月曜日からと言われていましたがどういう理由かわからないまま今日はリハビリなしでした。 夜尋ねると3日水曜日から始めると言われましたが、手術後5日も固めたままでその後競技に復帰できるのか心配です。 アメフトをやっています。
リハビリのスタートが少し遅くなってもその後のリハビリのがんばりで大丈夫なものですか?
不安に思っていますので回答よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクタ ーを務めております。

最近は関節鏡手術が当たり前になってきましたので術後の固定期間も短くなってきましたが、昔ならば1ヶ月は固定期間がありました。

2日遅れでリハビリテーションが開始できるのであれば、すぐに遅れは取り戻せます。
リハビリテーション開始が遅れた理由は主治医に訪ねられるべきですが、競技復帰自体に影響を及ぼす問題ではないのではないかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.


早くリハビリスタートしたほうが良いという考え方は一般的ですよね?


手術から5日は長すぎませんか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

たしかに、最近は手術翌日から始めることも少なくありません。

術前には、術後のリハビリのスケジュールについてどのように説明を受けていましたか? 入院期間も含めて、クリニカルパス(治療や検査に対して、標準化された患者様の スケジュールを表にまとめたもの)が手渡されませんでしたか?

質問者: 返答済み 5 年 前.


リハビリのスケジュールについての説明や表は受け取っていません。


手術後にスケジュールを作ると担当の先生が話していましたが表は見ていません。 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

クリニカル・パスとはこのようなものです(これは半月板切除術のパスですが)。
http://ar-ex.jp/toritsudai/open_bed_system/0_obs_pro_knee_2.gif

ACL再建後の競技復帰には通常6か月必要ですので、リハビリ開始の数日の遅れは、誤差範囲内であるとは言えるかもしれません。

ただ、競技復帰を前提としたアスリートの手術前に、術後のスケジュールを明確に示さない相談者様の主治医・入院先のやり方が、いささかクラシカルであると言わざるをえません。

まずは主治医に明確な治療計画・リハビリテーション計画を確認すべきですし、明確な回答が得られないのであれば、リハビリテーションからでも他院への転院を検討された方がいいかもしれません。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問