JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年三月に腰部脊柱管狭窄症で手術をしました。L4、L5、仙骨の3か所の狭くなった部分を広げる 手術という事でした。

解決済みの質問:

今年三月に腰部脊柱管狭窄症で手術をしました。L4、L5、仙骨の3か所の狭くなった部分を広げる
手術という事でした。 その後リハビリを続け一見は、病気とは気付かれないほどにきちんと歩けています。ただ 自身は、足の裏の凸凹した感覚や足裏からかかとに至る痺れ、かつて痛かった足の裏側全体の硬直感に悩まされています。今もリハビリのアドバイスを頂いてり、痺れについては、慣れていくしか無いと言われています。足裏の違和感と痺れは、もう何としても治らないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

L4、L5という場所からしても、「足裏の違和感と痺れ」という症状からしても、原因となっているのは坐骨神経(の根)がこれまで腰椎で受けていた圧迫でしょう。

腰部脊柱管狭窄症の症状が出始めてから、手術までにどれくらいの時間的間隔がありましたか?

執刀医は現在の相談者様の「足裏の違和感と痺れ」の回復可能性についてどのような見解をお持ちでしょうか。

足裏の違和感と痺れに対して、何らかの薬物療法は行われていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

説明不足で申し訳ありません。 発症は、昨年7月でした。急に足が痛くなり、


すぐ近くの整形クリニックに行きましたが、原 因も痛みも取れずに1か月以上悩んでいたました。そこに知り合いの方から今回の手術した病院(脊椎専門医がいるとの事)を紹介されレントゲン、CT検査、MRI検査の結果脊柱管狭窄症と診断されました。 痛み止めの薬から始まり、11月には、1週間入院してブロック注射を3回受けました。が痛みは止まらず、この辺からリリカを服用しています。 仕事も定年間近である事もあり、何とか年明けまで我慢して2月の車椅子では動けない状況から手術を決定し3月初めに受けました。先生からは、手術前から痛みを我慢していた時間が長いので痺れは、取れないかも知れません。とおっしゃっていました。未だに神経の後遺症があるのでメチコバールは、続けています。通院リハビリ(1週間1回)も通常8月までのところ10月まで続けるとの事で今もアドバイスを受けています。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

説明不足で申し訳ありません。 発症は、昨年7月でした。急に足が痛くなり、


すぐ近くの整形クリニックに行きましたが、原因も痛みも取れずに1か月以上 悩んでいたました。そこに知り合いの方から今回の手術した病院(脊椎専門医がいるとの事)を紹介されレントゲン、CT検査、MRI検査の結果脊柱管狭窄症と診断されました。 痛み止めの薬から始まり、11月には、1週間入院してブロック注射を3回受けました。が痛みは止まらず、この辺からリリカを服用しています。 仕事も定年間近である事もあり、何とか年明けまで我慢して2月の車椅子では動けない状況から手術を決定し3月初めに受けました。先生からは、手術前から痛みを我慢していた時間が長いので痺れは、取れないかも知れません。とおっしゃっていました。未だに神経の後遺症があるのでメチコバールは、続けています。通院リハビリ(1週間1回)も通常8月までのところ10月まで続けるとの事で今もアドバイスを受けています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

補足情報として求めた事項からもおわかりいただけるかもしれませんが、ご質問の問題に関して、神経を扱う専門家が注目するポイントはおおよそ決まっています。

執刀医は整形外科医ですが、脊椎専門医とのことですから、脊髄と、そこから伸びる末梢神経についてもエキスパートであると言えます。

私も、「手術前から痛みを我慢していた時間が長いので痺れは、取れないかも知れません」という、執刀医と同じ意見です。
私の経験では、神経が圧迫されていたのと同じだけの期間は、痛みや痺れを取るための試行錯誤はされてみるべきであると思います。相談者様の場合、昨年7月に症状が出て、今年3月に手術によって神経が除圧されていますから、神経が圧迫されていた期間は7~8か月でしょうか。
したがって10月いっぱいくらいまではメチコバールやリハビリテーションを続けるべき……というのも、執刀医を同じですね。

苦肉の策ですが、リリカや神経ブロックは再トライされてみてもいいかもしれません。
神経の圧迫が合った時には効かなくても、現時点では効く、という可能性が無いわけではありません。
ペインクリニックを受診されてみるのもひとつの方策になりえますので、主治医を相談されてみることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

 ご丁寧な説明をありがとうございました。不安や焦燥感が和らいだ思いです。ありがとうございました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問