JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

夜の22時~早朝5時までコンビニエンスストアで働いています。 寝付き方にパターンがなく午前中就寝したり午後就寝した

解決済みの質問:

夜の22時~早朝5時までコンビニエンスストアで働いています。
寝付き方にパターンがなく午前中就寝したり午後就寝したりとばらばらです。
なおかつお酒を飲まないと寝付けないようになり
最近では睡眠2~3時間なんて日もあります。
どのようにしたら気分良く目覚められるのでしょうか?
一日の生活サイクルをご提案頂ければありがたいと思っております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」 の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①コンビニエンスストアで働き始めたのはいつからですか?

②シフト制ではなく、勤務日はいつも22:00-5:00勤務なのでしょうか。

③差し支えなければ相談者様のご年齢を教えて下さい。

④もともと、睡眠リズムは一定していましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご返信ありがとうございます。
以下質問にお答えします。


 


①2005年8月から勤務しております。


②シフト制ではなく月曜から金曜の週5日同じ時間に勤務しております。


③この8月で45歳になりました。


④意識はないですが大体いっしょだったと思います。


ただ2008年よりパートナーができましてもしかすると土日にパートーナーとの時間を持つことで睡眠時間が昼夜逆転しているかもしれません。


というか今現在そうですから。


つまり月曜日は眠らずに仕事をすることが多々あります。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

いくつかの問題が錯綜しているように思われます。

まず、これは当然のことながら、「夜の22時~早朝5時まで」の勤務は、健康に良いものではありません。人間の脳と体は、太陽が出ている昼間に起き、夜には眠るように出来ているからです(これを概日リズムといいます)。

ただし、現代社会においては夜勤を必要とする業種・職種は少なくなく、その恩恵も大きいわけですから、「日勤で働くようにしなさい」という助言には全く意味がないでしょう。
睡眠医学の領域でも、夜勤や交代勤務制の仕事についている方々の睡眠のとり方に関する研究はなされています。相談者様のような夜勤者の場合は、仕事が終わったらできるだけ早く帰宅して就寝し、6時間以上の睡眠を取るのが良いとされています。
「一日の生活サイクルをご提案頂ければありがたいと思っております」というご相談に対する回答は、したがってそういうことになります。

ただ、一方で、土日に(恐らく)通常のリズムで生活しているパートナー様と一緒に過ごす時間をとることで相談者様本来のリズムが崩れてしまうのではないか、というご懸念についてですが、一部は当たっていて、一部は当たっていないかもしれません。
というのは、例えば相談者様ご自身が9:00~17:30勤務の仕事をされていた場合、土日に何かの理由があって眠らなかったり、不規則な生活をしたとすれば、月曜日仕事に出た時に寝不足で調子が悪かったりはするかもしれませんが、火曜日、遅くとも水曜日には帳尻を合わせて生活リズムを元に戻せるのではないかと思われるからです。

まずは、平日は帰宅後すぐに6時間(以上)眠る生活リズムを確立させることをお勧めいたします。それが「気分良く目覚められる」ようになる早道です。
土日に崩れたリズムは、火曜日までには修正できるよう努めて下さい。

リズムがなかなか確立できない場合(お酒に頼るのはお勧めできません)、もしくは、土日に生じたリズムの乱れを修正できない場合は、睡眠専門の医療機関を受診されて、薬物療法を含めた治療と生活指導を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本睡眠学会認定の睡眠医療認定医とその勤務先医療機関が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【睡眠医療認定医】
http://www.jssr.jp/data/nintei_ishi_2012.pdf

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問