JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

主人の事ですが6月に突然心臓のあたりが苦しくなり動悸というのでしょうか、一日じゅうではないのですが発作のようにそうい

解決済みの質問:

主人の事ですが6月に突然心臓のあたりが苦しくなり動悸というのでしょうか、一日じゅうではないのですが発作のようにそういう症状がでるようになり心電図を図ったりしましたが特にこれといって異常はなく・・
それでもまた症状がでるので検査入院をしましたが原因は分からず。そのごしばらく落ち着いていましたがまた症状がでてちがう病院に行ってみました。そ こで検査入院もまたしました。(8月末)無呼吸症候群の検査をしたらかなりの重症でした。狭心症の疑いもあるとかで。夜間はコンプライアンスをつけて寝て、
アーチスト錠10㍉、デパス0.5㍉、ヘルべっサー錠30、セルシン1.2㍉の薬が処方され退院しました。
セルシンは朝昼晩飲むようになってました。入院中はなんでもなかったのですが退院してからさらに調子
が悪く二週間後の受診でセルシンは寝る前だけになり本人が胃のあたりも気持ち悪いというので胃薬も
でました。疲れもひどくなんとか仕事にいってますが・・・主人は47歳です。こんな症状ってなんなんでしょうか?
福島県在住 妻
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投 稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。心療内科医です。

処方薬のうち、デパスとセルシンについてはどのようなお薬であると説明を受けられましたか?

また、この両剤の処方理由はどのように説明を受けられているでしょう。

現時点までの結論としては心臓疾患は除外されたと理解してよろしいでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

デパスは血圧が高めの為ではないかと思います。特に説明は受けていません。セルシンは胸のあたりの気持ち悪さを解消する為との説明がありました。


無呼吸症候群が心臓に負担をかけているのかもしれないとの話しはありました。循環器科にみてもらっています。造影剤を使ってのCTもとりましたが、


血管はつまっていませんでした。ただ負荷をかけての心電図をとった時に気に


なるところはあると言われ、狭心症の疑いはあると言われました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

デパスもセルシンも精神安定剤で、恐らく処方医はご主人の「発作」がパニック発作である可能性を考えられているのだと思います。

そのような説明はありませんでしたか?
質問者: 返答済み 5 年 前.


そのような説明はうけていません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご主人を診察している医師(循環器内科医でしょうか)は、ご主人の発作が「パニック発作」である可能性が高いと考えられているのだと推察します。

前述したように、デパスもセルシンも精神安定剤であり、これらの投与を必要とする心臓の病気はありません。
「疲れもひどくなんとか仕事にいってます」ということですが、これはデパスとセルシンの副作用だと思われます。鎮静作用が強い安定剤を2剤も併用されていてはだるさや眠気が出るのは必定です。

まず主治医に診断と、デパス、セルシンの処方理由を確認されるべきでしょう。
狭心症の疑いが強いのであればその検査と治療を進めてもらうべきですし、デパスとセルシンは中止されるべきです。

一方で心疾患が否定的であり、ご主人の「発作」がパニック発作である可能性が高いと主治医が考えているならば、心療内科を紹介してもらうべきでしょう(パニック発作に対してデパスとセルシンを併用する意義はありませんし、依存性もあるので長期連用すべきお薬でもありません)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問