JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2800
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

臀部、太腿の後ろ(臀部の下部)、脛が痛く、両足で前進は出来るが普通の歩行が出来ない。すべり症で5年前に腰部脊柱間狭窄

質問者の質問

臀部、太腿の後ろ(臀部の下部)、脛が痛く、両足で前進は出来るが普通の歩行が出来ない。すべり症で5年前に腰部脊柱間狭窄症の手術をした整形外科医は、前回の上部辺りに狭窄が見られる。又、神経内科医による血流(血 管)検査で、頚動脈右側の狭窄65%、左側の狭窄が45(48)%で、無理な運動は出来ない(後日、神経内科医談。具体的な運動内容については、本人の判断である、とのことであった。)との事であるので、整形外科的な手術は危険であるので、出来ないとの診断であった。歩行は、車(?乳母車)を前屈みで押して歩けばよい、とのことであった。が、自覚症状が改善出来ないではないか。頚動脈の狭窄率では、腰部脊柱間狭窄症の手術は、出来ないのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。 回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①現在、相談者様は神経内科と整形外科、循環器内科の3つの診療科に主に受診されていると理解して御よろしいでしょうか。この3人の主治医の間で、相談者様の状態について情報共有はされていますか?

②「整形外科的な手術は危険であるので、出来ない」と仰ったのは整形外科主治医でしょうか。手術が出来ない理由は頚動脈の狭窄のためであると説明を受けたのですか?

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

医療 についての関連する質問