JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

はじめまして。 46歳 男性です。仕事はメーカー事務職です。 私自身の体調のことでご相談させていただきます。

解決済みの質問:

はじめまして。
46歳 男性です。仕事はメーカー事務職です。
私自身の体調のことでご相談させていただきます。

 5月頃から以下の症状に悩まされております。
最初は四肢の軽い痺れがありました。徐々に指・足の関節がこわばるようになり、鈍い痛み(我慢できる程度)
が出てきました。
 現在は足の痺れは膝くらいまで、指は肘あた りまであります。こわばりも足首、手首に出るようになりました。
また、毎日目の奥が焼けるような、こわばるような不快感があります。元々乱視気味でしたが、視力が落ち
今まで見えていた字が急に見えなくなったため、度の強い眼鏡を作りました。
 最近の症状としては、歩いているとき、膝がカクンとなったり、目眩なども時々出るようになっております。
最初は仕事のストレスから来るものかと思っておりました(他人から見たら甘いかもしれませんが、業務はかなり忙しく、休日まで何らかの仕事を引きずっている状況です)が、疲れが溜まって帰宅する頃には足に力が入らないような感じがして、フラフラで歩くのが辛い時もあります。
今までは、なんとか仕事をこなしてきましたが、最近は諸症状が頻繁に出るようになってきており、今までの
仕事がこなせるか不安です。(このキーボード入力も一苦労している状況です。)

 かかりつけの内科で血液検査(膠原病の検査含む)、整形外科などで診ていただきましたが、特に異常はありませんでした。そのため総合病院の神経内科を紹介いただき、1か月前に問診、触診、血液検査を行いました(その時の医師の所見ではまだ不明とのことです)。来週、神経生理検査、10月にはMRI検査を受ける予定になっております。
既往歴としては軽いうつのため、この3~4年、ジェイゾロフト50mg2錠(最近サインバルタ20mg2錠に変更)、デパスなど、また、胃が弱いのでザンタック150mgを服用しています。
2月末にインフルエンザに罹患(イナビル服用)した以外、風邪などの感染症にはかかっておりません。

大したことが無ければ良いのですが、仕事のことや家族の事もありますので、このオンラインで相談させていただきました。考えられる病気や今後の心構え等ご教示いただきたく、よろしくお願い申し上げます。
長文・乱文失礼いたしました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 5 年 前.
多発性硬化症の可能性があるように思います。多発性硬化症は脳や脊髄をおかす自己 免疫疾患です。神経細胞を取り囲んでいるミエリン鞘と呼ばれる神経細胞のカバーが損傷することで起ります。その損傷のため、神経伝達が遅れたり、止まったりします。自分の免疫細胞が誤ってミエリン鞘を攻撃し炎症を起こします。多発性硬化症は治癒することはできませんがその進行を遅くする事ができます。その症状はその損傷の部位と程度によります。ひどいときは歩けなくなったり、話ができなくなったりします。その合併症としては筋肉の硬直や痙攣、麻痺(とくに脚)、排尿、排便、性機能の障害、忘れやすくなったり、集中できなくなったり、鬱病、てんかん等があります。その予後はまちまちで予測する事は困難ですが、その寿命はほとんど正常の人と変わりません。大部分の多発性硬化症をもった方は20年、又は、それ以上の間、最小の身体障害で歩くことができ、仕事をすることができます。
質問者: 返答済み 5 年 前.


Dr GATO様、ご回答いただきありがとうございます。


自分でもインターネットで調べました。聞いたことが無い病気であることや、治癒しないことにはちょっと


ショックを受けましたが。


仮にこの病気だったと仮定して、病名が確定して治療が始まるまでの間、どのようなことに気をつけて日常生活をすればよろしいでしょうか。(この症状に対して、特に薬等いただいておらず、診断までの間は経過観察の様な状況です)。


ご回答のほど、よろしくお願い申し上げます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 5 年 前.
十分に休息をとってください。もし、可能なら定期的に有酸素運動(水泳、定置自転車、エアロビックス等)をしてください。それは筋力、バランス調節、うつ病に効果があります。熱に煩わされているようなら、 水泳が良いと思います。体温が上がることは症状を悪化させます。涼しい風呂を浴びることは症状を軽減することができます。健康的で、バランスの良い食事をしてください。それは免疫機能を強くするのに役立ちます。ストレスは症状を悪化させます。リラックスすることをしてください。たとえば、ヨガ、太極拳、マッサージ、瞑想、深呼吸 、音楽を聴くことは リラックスするうえに役立つかもしれない。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問