JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

父が舌癌でリンパ腺への転移があります。舌癌は2㎝ぐらいが1つ、リンパ腺には2cmぐらいの癌とそれより小さい癌の2つが

解決済みの質問:

父が舌癌でリンパ腺への転移があります。舌癌は2㎝ぐらいが1つ、リンパ腺には2cmぐらいの癌とそれより小さい癌の2つがあるそうです。 その他、骨髄や肝臓への転移も疑われています。肺への転移はないとのことでした。
現在、詳細に転移の有無を検査中ですが、担当医師から、もしリンパ腺から他の部位へ転移していた場 合、手術は無理とのことでした。
その場合、化学療法と放射線治療になると思いますが、どの病院でも同様な治療方法なのでしょうか?
他の病院にも相談し、様々な治療方法を検討したほうがいいのでしょうか?
どこの病院でも同様な治療方針や方法でしたら、父の住居近くの現在の病院がストレスもなく、父にとっては、よりよいと考えています。
上記のような場合、病院毎に治療方針や方法は、変わる場合があるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

これはたいへんなことになりましたね。
もしかしますと転移が進んだ状態なのかもしれないとのことで、ご心配だと思います。

もし手術ができるような状態であればもちろん舌には大きな神経が3つもかかわっていますので腕のいいといいますか、症例の多い病院で手術をされる方がいい選択肢とはなりますね。
神経を傷つけますと後遺症が大きい部位であるためです。

ただし放射線治療や化学療法ということになりますとおそらく同じような治療がどこでも行われることになりますので、あとは副作用をどのようにご家族で見守ってあげるかということになりますね。
ご自宅に近い病院でお父様も快適であるならご家族のヘルプも得られやすいでしょうからあなたのおしゃるように今の病院で治療を続けられてもいいと私は思います。

これもこれからの検査次第で事情は変わってくるかもしれませんがこれを一応回答として提出させていただきます。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答、ありがとうございます。


 


診断結果は T2 N2b M0で、転移はありませんでした。


放射線治療はヒトにより効果のない場合もあり、舌細胞の味覚がなくなり、唾液も出なく、食事は水で流し込む患者もいるそうです。


よって上記の診断結果から、放射線治療は最後の手段としてとっておき、先ずは、抗がん剤の点滴を数週間行い、その後、がん細胞の状態、体力を勘案し手術する治療方針を選択しました。


いかがでしょうか? ご意見をお聞かせください。


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事お待ちいたしておりました。

それはそれは朗報をありがとうございます!!!

ほんとうに心配しておりました。

転移がないということでお話が変わってきますね。
抗がん剤での治療をされるということですのでそれは家族のサポートがものをいいます。
お近くでそういう治療をされる方が精神的にははるかにいいと思います。
それから手術ということですね。
それはいい考えだと思いますよ。
申し上げましたようにいきなり手術ではやはり神経の入り組んでいる所ですから切除する場所が大きくなってしまいますから治っても後遺症が大きく残る可能性が出ます。
それを見越しての主治医の治療方針なのでしょう。

docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問