JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
phns-rcに今すぐ質問する
phns-rc
phns-rc, 看護師、保健師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 57
経験:  某国立大学 医学部保健学科卒 内科一般病棟勤務
69386845
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
phns-rcがオンラインで質問受付中

1. 内痔核の手術に使用する縫合糸は絹糸が一般的ですか? 吸収性縫合糸が一般的ですか? 2. 絹糸の場合の完治ま

質問者の質問

1. 内痔核の手術に使用する縫合糸は絹糸が一般的ですか?
吸収性縫合糸が一般的ですか?
2. 絹糸の場合の完治までの期間はどの位でしょうか?
吸収性縫合糸の場合はどの位でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

1、どちらの糸が一般的かは、手術の方法によります。痔核を切除する場合は、吸収される糸を使うのが一般的ですし、縛って自然脱落を試みる場合は普通絹糸を使用します。しかし絹糸を使用する方法でも、普通は約1ヶ月で自然に外れますので、抜糸の必要はないと思います。

最初の医師からは、痔をどのように手術するとあらかじめ説明を受けられましたか?その説明が分かるともう少し詳しいお答えができるのですが・・・

2.完治までの期間は、個人差があるのでなんとも言えませんが、だいたい1~2ヶ月だと思います。5ヵ月後に抜糸、というのが、何がどうなってそうなったかですね。そのあたりをもう少し詳しく教えていただけるとお答えがしやすいです。

 

以上いただいた情報から分かる範囲でお答えを差し上げましたが

分かりにくい点、不明な点、より詳しくお知りになりたい点がある場合は、

遠慮なく返信機能を使ってご返信くださいね。

(その場合は、回答の評価をなさいませんようによろしくお願いいたします)

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

               2012年9月23日



1.A病院のカルテによると腫瘍を切開乖離し、結紮縫合し、腫瘍を切除


 したもの。


 


2.手術は私の母が受けたのでどのように手術するか説明を受けたか25日以降確認致します。


 


3.内痔核手術を絹糸で行い、どの位の期間で縫合糸が脱落するのか?


との質問に札幌市で年間2、000件の内痔核の手術をするという「C病院」


の院長は「数ヶ月ないし半年かかることもある」と回答しております。


 


4.内痔核は手術後、完治まで1~2ヶ月というのが普通だと思います。


 A病院で手術後、母が出血すると医者に診察の都度言ったが「大丈夫、大丈夫」というのみで薬を出して対処していたもの。


 


5.その後A病院の処置に耐え切れなく評判の良いB病院を受診し、出血の根源である絹糸の抜糸を行ったものです。


 


6.ちなみに私は北海道医師会の言うとおり評判の悪いA病院を提訴することを検討しております。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

訴訟を念頭においたご質問であることは、最初のご質問から十分伝わってきていますので

大丈夫ですよ。

このようなネットの相談サイトでは、頂いた情報からしか判断できませんから

頂いた情報をもとに、考えうるいろんな事態を想定し、その状況判断のために

また情報をいただく、というプロセスが必要となりますから、その点はご理解下さいね。

まずはご返信の2(医師からどのような説明を受けたか)という所をお待ちしています。

2、が最初の手術計画にあたりますから、結果だけではなく、計画した内容も伺えると、

実施した内容の推測がつきやすいのです。

また、先生方の中には、『今の常識』というよりも『古い常識』あるいは『あまり周知されていない最新の常識』を基に判断される方もいらっしゃいますので、そういった意味でも、術前計画は、その先生が何をどう判断されたかという道しるべになります。

もしカルテ開示をすでに受けられていらっしゃるのであれば、手術の具体的名とそこに付随するコメント等を教えていただけますと、より判断しやすいです。

 

またお母様に、座浴の指導をA病院、B病院でされたかどうか尋ねられてみて下さい。

それからご返信の4にあるA病院の薬というのも、記録があればお願い致します。

内痔核術後の治癒期間については、「個人差がある」とお断りさせていただいておりました。多くの方は、1~2ヶ月くらいで治る印象でいます。しかしこの期間に、例外的な個人差は含んでいません。また私が知っているのは限定的な症例なのかもしれません。

年間2000例の院長先生は、例外的な個人差やあらゆる術式を充分考慮して含んだ回答ということだと思います。もしご必要なのであれば、少し確認して、詳しいお返事をさしあげたく思います。(ご質問者さまの疑問点を明確にしていただけると、回答もしやすいです)

確認ですが、術後の出血は約半年間続いたと理解してよいですか?

その半年間はA病院に通院を続けていたということですよね?

そちらも合わせてお知らせくださいね。

以上よろしくお願い致します。

医療 についての関連する質問