JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

喘息持ちの主人が昨夜から咳と息苦しさがあり、かかりつけの病院が休みだったため、他の個人病院でテオドールとホクナリンテ

解決済みの質問:

喘息持ちの主人が昨夜から咳と息苦しさがあり、かかりつけの病院が休みだったため、他の個人病院でテオドールとホクナリンテープを貰い、飲みましたが、頭痛がひどく、困っています。何かできること、頭痛薬をのんでもいいか、教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①普段、かかりつけの病院からは、発作時にはどのようなお薬が何mb処方されるのでしょう?

②テオドールとホクナリンで咳と息苦しさは改善したのでしょうか。

③テオドールとホクナリンの1回の量と、使用回数を教えて下さい。

④服用されようとしている頭痛薬の名前を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

普段はパルミコート200を処方されています、咳はあまりひどくはなかったので改善されたのか、今はわかりません。もともと今回は発作を起こす前に.....と思い病院に行ったので喘息症状はひどくありませんでした。テオドールは朝、晩200ミリを1錠、ホクナリンは1日1回2ミリグラムです
頭痛薬は何がいいかわからないので、まだ用意していません

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

テオドールもホクナリンも同じような効き方をするお薬ですから、発作がひどくなかったのであれば両方を併用する必要はなかったかもしれませんね。
テオドールもホクナリンも気管支拡張薬で、効果も副作用も似ており、動悸や頭痛が激しくなるので、発作が重い時にしかこれらの併用は推奨されていないのです。

頭痛薬は併用しても問題がありませんが、市販薬の中にも成分として無水カフェインを含むものがありますので、これは避けられた方がいいでしょう(テオドールの成分との相性が良くありません)。
アセトアミノフェンを主成分とするお薬(カロナールなど。たくさんあるので薬局でご相談ください)が有効かつ安全ですので、お勧めです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。カロナールですが、大人の場合、何ミリですか?家にあるのが、300ミリと200ミリの子供用ならあるのですが.....

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お手元にあるのであれば何よりです

頭痛に対するカロナールの用法・用量は「通常、成人はアセトアミノフェンとして、1回300~1000mgを経口服用し、服用間隔は4~6時間以上とする。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。また、空腹時の服用は避けることが望ましい」です。

まず300mg錠を2錠服用されてみて、効き目が不十分であれば増やされていくのがよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問