JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14367
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ラミクタールの飲み方を教えてください? (うつのときとそうのときで飲み方ちがうのでは?)

質問者の質問

ラミクタールの飲み方を教えてください?
(うつのときとそうのときで飲み方ちがうのでは?)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

躁の時とうつの時とでラミクタール(ラモトリギン)の飲み方に違いはありません。

用法・用量は (バルプロ酸が併用されない場合)「通常、成人はラモトリギンとして最初の2週間は1日25mgを1回経口服用、次の2週間は1日50mgを1回又は2回に分割して経口服用し、5週目は1日100mgを1回又は2回に分割して経口服用する。6週目以降は維持用量として1日200mgを1回又は2回に分割して経口服用する。症状に応じて適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて最大100mgずつ、1日用量は最大400mgまでとし、いずれも1日1回又は2回に分割して経口服用する」となっていますので、1日200mgまではしっかり服用することが重要です。

ガイドラインで推奨されているのは、躁病相もしくはうつ病相になった際、気分安定薬を増量することです。
臨床的にも、維持期には200mg/日、躁状態やうつ状態が現れたら、400mgを目指して増量していく方法がとられることが多いように思われます。

躁とうつで違うというよりも、維持期と病相期で用い方が違ってくるのだと理解された方が適切かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問