JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4037
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

度々すみません。髄液漏れを防ぐために腹部から脂肪をとっていますが、その場合、 手術前に腹部のCTなどの検査はありま

質問者の質問

度々すみません。髄液漏れを防ぐために腹部から脂肪をとっていますが、その場合、
手術前に腹部のCTなどの検査はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
腹部から脂肪から脂肪をとるために手術前に腹部のCTの検査は何か異常が腹部に考えられない限り、普通は行ないません。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

Dr.GATOさま、いつもお世話になっております。またお願いします。昨日、今度は腹部が痛いということで急患で近くの病院にいきました。検査したところ「総胆管結石」と診断されました。内視鏡にて「総胆管結石」を砕石するとのことです。髄膜炎、肺炎、気管支炎は現在おさまっていますがこのような短期間で手術は普通できるものなのでしょうか?合併症は出血、腸管穿孔、急性膵炎とあります。一番最初の医師のおかけで少し医師に対してトラウマ状態です。絶食しているので現在は痛みはありません。二か月で体重も10キロ落ちていて体力的にも心配なところがあります。痛みがないうちに早く手術することがベストですか?また今回出血した場合には輸血の必要性はないと書面にはありますが・・ふと以前の手術のことを思い出してしまいました。髄膜腫の摘出でかなりの出血があったように聞いています。輸血というものは家族にいちいち相談などはなくその場ですぐに輸血したりするものなのですか?また輸血があわなかったことでの合併症はありますか??


 


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
総胆管結石からの感染や閉塞は生命の危険を伴うことがあります。できるだけ早く、内視鏡で取り除いた方が良いと思います。内視鏡は手術と比べて、その侵襲ははるかに低いです。輸血が禁止されて宗教もあるので、輸血はことは普通手術前に同意を得るまずです。輸血しないと生命に危険があり、時間的に余裕がない場合は、 家族に相談することなく輸血する事があります。普通は手術中の輸血のための血液は事前に輸血部で調べてとってあります。足りないようなら輸血部ですぐに輸血の血液を検査します。輸血があわないことはまずありません。まれに、発疹などの軽度のアレルギーをおこすことがありますが、抗ヒスタミン剤を点滴するで解消します。
質問者: 返答済み 4 年 前.

DrGATOさま、ありがとうございます。なぜいつもいろいろの回答ができるのですか?ここ最近関わっていた医師は最後には必ず「専門医でないからわからない」と必ず言います。素晴らしすぎます。数日後に 「内視鏡下胆汁ドレナージ法」となっています内視鏡で総胆管結石を砕石を、検査は体への負担を考慮し鎮静剤をしてその後安静絶飲食、検査後合併症がないことを考慮して今後胆嚢結石に対する手術の日程を考えていますとのことでした。ここまでなにも問題ない説明となりますか?輸血のことは説明され同意書にサインもしました。とにかく一番最初の大学病院でひどいめにあったのでその後の病院の説明があまりにもきちんとしているのでびっくりする毎日です。どこで聞いても「綿の取り残し」は医師たちは首をかしげます。普通じゃない信じられないと。。ですが現在も色々と調べていますが非常に大きな病院ですのでカルテの改竄は朝飯前という感じで有名だそうです。常に問題があっても揉み消されるそうです。世界では日本の医療はどれくらいのレベルのものなのでしょうか??少し質問がずれてしまったかもしれません。申し訳ありません・・

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
特に問題ない説明と思います。日本の医療はかなり高いですが、いつも成功するとはかぎりませんが先端の実験的治療の果敢に行なうことに関しては米国は積極的です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

DrGATOさま、いつも的確なご回答ありがとうございます。昨日「胆のう胆石症」 に病名がかわりました。総胆管結石がどうやら流れたのではないかということでした。(検査の結果)明日腹腔鏡の手術になりました。で、最初のほうに戻る感じなのですが、今回髄膜腫の術後に何回か肺炎でレントゲンなどをとっています。でも胆石などの話は一度もありませんでした。転院してから脂肪をとったところの傷があまりにもひどいメスの入れ方だったからか傷口なども検査する形で胆石の石が見つかったと思います。脳神経外科医としてはこのあたりの落ち度は何もないものですか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
胆石はレントゲンで胆石の10-15%が見つけられますが、普通は超音波検査が最も信頼のおける検査です。腹痛があったため、胆石を疑い超音波検査をしたと思います。入院中に腹痛がなければ、脳神経外科医としたはその点にかんしては落ち度はないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

腹痛はなかったですが診て頂いたようです髄液漏れで「耳がつまっている」と訴えても一度も脳神経外科医が耳鼻科医を呼ばないということは一流(ほんとは最低)大学病院でも正しい判断なのでしょうか?この分野の学会医の中で相当な地位である方は普通そのような診察をなさるものなのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
普通はそのようなことはありません。そのような状況であれば他科に紹介するはずです。

医療 についての関連する質問