JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年の初めころから、右手の親指の先の関節が「ばね指」になる。 春頃から、朝の起床時に両手の指がこわばりだした。

解決済みの質問:

今年の初めころから、右手の親指の先の 関節が「ばね指」になる。
春頃から、朝の起床時に両手の指がこわばりだした。
6月に定期的に受診している病院での血液検査では特に炎症などの異常はなかった。
その後、だんだんと手のこわばりに加えて指の関節の痛みが始まる。
最近、定期的に受診している病院で、その症状を訴えたが「レントゲン写真には異常はない。また、指の関節にもはれはない。血液検査の結果も炎症を起こしている数値は認められない。だからリュウマチとは言えない。その可能性は絶対ないとは言えないが、低い。」などの診断結果であった。
今のところ、日常生活に支障はないが、このまま放置していてリュウマチのステージが進行しないか心配である。
適切な診断を受けたいのですが。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】

 

 

こんにちは。猫山と申します。

慢性関節リウマチの診断基準は2010年に改訂されたばかりです。
下図チャートをご覧ください。
http://pds2.exblog.jp/pds/1/201003/06/18/e0156318_2130123.jpg

リウマチは、臨床症状だけではなく、X線所見と血液検査所見を組み合わせて慢性関節リウマチの診断が下されるようになってきているのです。

現在相談者様は、朝のこわばりが認められていますが、X線検査、血液検査では上記診断喜基準に合致するような所見が認められなかったということなのだと思われます。

ただし、リウマチが潜行性に進行している可能性を否定する要素もまたありませんので、一度専門医を受診されて、検査を受けられてみるのがよろしいのではないかと存じます。

日本リウマチ学会認定のリウマチ専門医が以下のサイトから検索できますので、こちらで検索された専門医が勤務する病院を受診されれば、「適切な診断」を受けられる可能性は高まると考えます。

【リウマチ専門医検索サイト】
http://pro.ryumachi-net.com/

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問