JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

phns-rcに今すぐ質問する

phns-rc
phns-rc, 看護師、保健師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 57
経験:  某国立大学 医学部保健学科卒 内科一般病棟勤務
69386845
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
phns-rcがオンラインで質問受付中

60歳の妻についていろいろな症状がありどこの病院へ行けばよいか迷っています。助言をください。  23年ほど前に車対

質問者の質問

60歳の妻についていろいろな症状がありどこの病院へ行けばよいか迷っています。助言をください。
 23年ほど前に車対車の衝突でむちうちになり背中を痛め東洋医学、整形外科等に通いあまり進展せず常に背中に痛みを感じ物事に集中できない主婦の生活を続けておりました。4年前にカイロプラクチ ックを紹介されて半年余り通いましたが段々と状態が悪くなりました。それまでに散歩やプール通いができるようになっていましたがそれがつらくなりました)、そこで心療内科を紹介されしばらく睡眠薬を投与されましたが効果なく神経科を紹介され軽いウツと診断され、非常に軽い薬だといって薬をいただきました。ちょうどカイロを受けたころから偶然か人と会うことにストレスを感じ始め人と会うのを嫌がるようになりました。心療内科受診以降胸や胃のあたりが苦しくなり段々やせ始め54kgの体重が一年足らずのうちに約9kg減って45kgになり、総合病院で検査を受けましたが異常なところは見つかりませんでした。田舎から神戸へ転居し、産婦人科へ行って女性ホルモンを促す?パッチをもらい貼りましたところ、それ以降食欲も進み過食症気味でアルコールの量も増え半年で約15kg増え、一年で+20kg近くまで太ってしまいました。足がしびれたり膝が痛くなったり背中を含め体中が悲鳴を上げています。運動もする気が起きず、どうしていいかも思い浮かばず、本人も外出を億劫がりいよいよ放っておけなくなり、さてどこへ行って診てもらえばいいのか迷っています。うつについては本人が薬を飲むと頭がぼんやりして気分が悪いというので2~3か月でやめ、その後症状はましですが過去のことばかりを考え反省し周囲の者にとっては憂鬱な日常となっており前向きになる日を夢見ております。息子が35歳から25歳まで3人居ますが未婚のままで居るのも前を向けない一因かもしれませんが受診の方法をご教示いただきたくお願い申し上げます。追記、更年期障害について受診したことはありませんでした。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

こんばんは。色んな症状が出てきて困りましたね。

少し詳しく教えてください。

1)体重の増減は理解しましたが、身長はどれくらいですか?

2)体の痛みと心の状態について、受診が必要な科をご相談されたい、と理解してよろしいでしょうか?

3)受診の「方法」という点をもう少し詳しくお聞かせ願えますか?

4)上記情報を少し整理させて頂きました。下記で間違いはありませんか?

「すでに行った対応」という項目の、『カイロプラクチック・・・・カイロ半年』という部分について

下記の理解で間違いないか、お知らせください。他に間違いがあればお知らせください。

1989(平成元年:37歳)交通事故、むちうち/整形外科治療 鍼灸等

1990-2008(~56歳)カイロプラクティック この間、散歩やプールに通う

2008-半年間(57歳) 別の?紹介されたカイロプラクティック通院、その後半年心療内科

            54kg→45kg

~2009半年神経科

        転居、産婦人科一回(女性ホルモンパッチ使用)体重45kg→60kg

        足のしびれ、膝痛等全身の痛み出現 外出をおっくうがる

現在は神経科、婦人科、ともに受診中断、内服なし。体重65kg

質問者: 返答済み 4 年 前.

1.身長は166cm


2.根本的には体(背中)の痛み、でも先ずは肥満の原因を知ることとやせること=過食症を治すこと。アルコール依存気味もある。これは即ち心の病気かもしれないのでその点の治療が必要か?体重は本来54kg、現在は75kg


 


3.受診の方法とはどこへ行けばいいのかが分かりませんので総合内科からスタートするのか、心療内科からか、整形外科か、あるいは??


 


4.概略その通りです。カイロで痛みがさらに悪化、睡眠不足になり、カイロの先生に心療内科を紹介される。体重は現在75kg。


外出を億劫がるとともに人に会うのが怖くなる。このころ夜、ベッドで体を鞭打つように反らせる現象が起こる。神経科の投薬以降収まる。


 


以上です。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

分かりました。肥満の原因をとのことですが、これまでに処方されたお薬の詳細は分かりますか?もしお薬手帳などがあれば、内服されていたお薬の名前が分かると、より確実なお返事が可能です。また、婦人科で処方されていたのは、パッチだけでしたか?内服薬はありませんでしたか?

 

*次の回答は、明日午後以降となります。ご了承ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答;


     処方されたのは ①. エストラーナテープ0.72mg 全15枚


                ②. プロベラ錠2.5mg 1日2錠 10日分


     でした。ただ錠剤は胃の調子が悪かったので(食欲がわかず、


     痩せていた原因?)1~2錠飲んでその後は服用せず。


 


  その他必要なればこれまでの症状と使った薬を時系列的にまとめること可      能です。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

そうですね。

プロベラ錠は処方されていたけれども、ほとんど飲んでいないのですね。

飲まれていたお薬は念のためすべて教えていただけますか?

特に心療内科、神経科のお薬は気になっています。

現在はすべてのお薬を中断中ですよね。しかし過食は今も続いているのですね。

過食症、とおっしゃられているのですが、ここ一週間の平均的な1日の食事量も

教えていただけますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.







































タナトリル錠5
アモバン7.5
プロプレス錠4.4
リピトール錠5
オルメテック20
アモバン7.5
メイラックス1
コンスタン0.4
セパゾン錠1
ドグマチール50
エストラーナテープ0.72

プロベラ錠2.5


 





























2006年に母親が死亡しショックと疲労からか血圧が上がり高いときは200ちかくありそのための薬と心療内科と
精神科での薬を記しました。
心療内科は20091月から6月まで、精神科は200910月から20105月までです
。5月に転居して一か月間は薬を続けましたが薬を使わなくても眠れるようになりました。7月に更年期障害も
原因かもしれないと思いレディスクリニックに一度だけ行きました。その前後から食欲が出て胃の具合もましになり
2010年10月に台湾に旅行した後から太り始めました。余談ですが2011年4月目や顔が腫れあがりましたがこれは
マンゴーアレルギーでした。それまで4年間で2度ほどありましたが内科と皮膚科では原因不明でステロイド系の
飲み薬や塗薬を処方され治るまで時間がかかっていました。花粉症もありニポラジンはその系統で使用しています。

食事の量は以前は体重を見ながら食事を減らしたり控えたりして54kgを維持していましたが2009年ころから胃がもたれるようになり、食欲もわかず45kgほどに、2010年秋ころから量が増え(1.5倍以上)、アルコールも夕食支度時、夕食時、就寝前と自制心が効かず、食事の時も口に入れるスピードが速く、節度がなくなっています。


質問者: 返答済み 4 年 前.
,
専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

まず、これまでに頂いた情報を、もう一度まとめなおしてみました。



1989(平成元年:37歳)交通事故、むちうち/整形外科治療 鍼灸等
1990-2008(~56歳)カイロプラクティック この間、散歩やプールに通う

2006母死亡、高血圧
2008-半年間(57歳) 別の?紹介されたカイロプラクティック通院、

2009年1月~6月心療内科

     54kg→45kg

2009年10月~2010年5月神経科

               5月転居、

7月産婦人科一回(女性ホルモンパッチ使用)食欲改善

10月旅行~太り始める。体重45kg→60kg

2011年4月~ステロイド内服

    現在75kg、足のしびれ、膝痛等全身の痛み出現 外出をおっくうがる

現在は神経科、婦人科、ともに受診も内服も中断。ニポラジンのみ継続内服中


上記、誤りがあれば遠慮なくお知らせください。

ステロイドの内服は、どれくらいの期間だったかお分かりでしょうか?

(およそで結構です)

少なくとも3日以上ではないかと推測していますが・・・。

また、「現在、内服を継続している薬は、ニポラジンのみ」と理解しましたが、こちらも誤りがあればお知らせください。


何度もお尋ねして申し訳ありませんが、現状をより正確に把握するために

大切な質問です、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

説明がまずくて申し訳ありません。情報のまとめについて修正個所は①カイロプラクチックは2008年の半年間でそれ以前は鍼灸、マッサージ、整骨、漢方等の東洋医学が主で整形外科にも少し通いました。②ニポラジンは花粉症の出る春先、2~6月に服用しております。③ステロイドは2009年6月から2~3週間2種類をもらい服用しました。知り合いの薬剤師に「きつい薬だ」と注意されましたが薬品名は薬手帳に貼り忘れて記録が残っておりません。以上ですがよろしく診断お願い申し上げます。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございました。

読みやすくするために、再度まとめなおしました。

1989(平成元年:37歳)交通事故、むちうち/整形外科治療 鍼灸等
1990-2008(~56歳)鍼灸 マッサージ、整骨院ん、整形外科

             この間、散歩やプールに通う

2006母死亡、高血圧
2008-半年間(57歳) カイロプラクティック通院、

2009年1月~6月心療内科 

    6月~2週54kg→45kg間ステロイド 

2009年10月~2010年5月神経科

               5月転居、

7月産婦人科一回(女性ホルモンパッチ使用)食欲改善

10月旅行~太り始める。体重45kg→60kg

2011年4月~ステロイド内服

    現在75kg、足のしびれ、膝痛等全身の痛み出現 外出をおっくうがる

現在は神経科、婦人科、ともに受診も内服も中断。ニポラジンのみ継続内服中

 

次に回答に入りますが、少しお時間を頂きますことをご了承ください。

しかし、上記に誤りある場合は遠慮なくお知らせください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


2012.9.13


 前記まとめを少し修正させていただきました。下記します。


 


1989(平成元年:37歳)交通事故、むちうち/整形外科治療 鍼灸等


1990-2008(~56歳)鍼灸 マッサージ、整骨院、整形外科


             この間、散歩やプールに通う


2006母死亡、高血圧


2008-半年間(57歳) カイロプラクティック通院、背中の痛みが増し


2009年1月~6月心療内科 


    6月~2週間3週間 皮膚科(顔や目が腫れて) ステロイド


  54kg→45kg 


         


2009年10月~2010年5月神経科


               5月転居、


7月産婦人科一回(女性ホルモンパッチ使用)食欲改善


10月旅行~太り始める。体重45kg→60kg


2011年4月~1週間 ステロイド内服&塗薬


    現在75kg、足のしびれ、膝痛等全身の痛み出現 外出をおっくうがる


現在は神経科、婦人科、ともに受診も内服も中断。ニポラジンのみ継続内服中


 


 


以上ですが、別に参考までに薬手帳の履歴を下に記します。アレルギー関連のステロイド系薬名は欠落しています。


2006.03.15  ニポラジン  (花粉症)


2006.11.16  タナトリル、アモバン  (血圧、不眠症  内科医院)


2006.11.22  プロプレス       (血圧、不眠症  内科医院)


2006.11.29~12.22


       タナトリル、アモバン  (血圧、不眠症  内科医院)


2006.12.22~2009.1.19


       タナトリル、アモバン、リピトール(2008.12) 


                (血圧、不眠症、コレステロール?  内科)


2007.2.26  ニポラジン、アモバン   (整形で治療中の期間)


2008.6    むくみとりの薬 2週間  (顔、目の腫れ  内科)


2008.7.11  ロキソニン        (    外科)


2008.7.28  ガスターG20、タナトリル、アモバン(胃、血圧、不眠症  内科)


2008.8.06  ランサップ        (ピロリ菌     内科)


2009.1.21  メイラックス       (緊張緩和    心療内科)


2009.2.10  オルメテック、アモバン、メイラックス( 心療内科)


2009.2.20~6.11


      オルメテック、アモバン、メイラックス、ニポラジンコンスタン


( 心療内科)


2009.4.11  ロキソニン、ムコスタ   (消炎   整形外科)


2009.5.09  ボルタレンSRカプセル、アブレース (胃炎? 整形外科)


2009.6.05  リンラキサー、ボルタレサポ (緊張緩和? 消炎鎮痛  整形外科)


2009.6    ステロイド     (顔、目の腫れ   皮膚科)


2009.7.26  プロテカジン、ムコスタ  (痩せたため胃の検査  総合病院)


2009.8.22  ミヤBM、アモバン  (  内科)


2009.11.06~12.22  セパゾン     (精神科)


2010.5.06  ホスミシン、ビオスリー  (親知らずの痛み  歯科)


2010.5.11  ホスミシン、ビオスリー配合錠、カロナール(同上  歯科)


2010.5.31  ホスミシン、ビオフェルミン、カロナール (同上  歯科)


2010.7.13  エストラーナテープ、プロベナ(産婦人科)


2011.4.04  メキタジン「ツルハラ」  (花粉症  皮膚科)


2011.6.   <ステロイド>   (マンゴアレルギー 判明   皮膚科)


 

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

お待たせいたしました。166cmで75kgとのことですから、おっしゃられているように肥満はとにかく問題ですね。

肥満の原因をお知りになりたいということでしたので、体重増減については、薬剤の影響があるのではないかと考え、詳細にお尋ねしました。

正直なところ、最初の体重減少 の原因については、いろんな要因が絡まってかなり断定が難しいです。たとえば高血圧そのものは食欲を落とすことがありますし、また、高血圧のお薬は、ふつう食欲不振を招くものが多いです。しかし高血圧のお薬を飲まれていた間は大丈夫だったようです。心療内科の お薬にもそのようなものがあります。しかし著しい食欲低下をきたすようなお薬は含まれていませんね。整形外科のアブレースに「胃炎?」とご記入されていますが、このアブレースは、胃炎と診断されたから出された訳ではなく、ボルタレンSRを単体で内服すると胃炎を起こしてしまうことが多いため、そうならないよう予防的に処方されたものだと思います。以上を合わせて考えると、薬剤のせいというよりは、心身の不調そのものが食欲低下を引き起こしていた可能性が高いと思います。

 

一方、婦人科で出されていた飲み薬の方は、食欲を増進する効果がありますし、ステロイドの長期内服でも食欲が増える人が多いです。ステロイドの副作用に、ムーンフェイスと呼ばれるものもありますが、これは食事量に関係なく、顔が丸くはれぼったい感じになるものです。しかしそれとは別に、純粋に体重も増える方が多いです。そして一度体重が増え始めると、そのたくさんの食事量に胃が慣れてしまって、かなり意識してコントロールしないと、薬を辞めた後でもどんどん太っていきます。

 

奥様の場合、婦人科の飲み薬の方は飲まれていなかったとのことですから、肥満についてはもしかすると、女性ホルモンパッチ(通常、パッチそのものには食欲増進の副作用はないのですが)これを使用して、つらい症状が緩和されたことと、ステロイド内服とが二重の契機になったのではないかと思います。

 

肥満の解消法としては、どこかで指導を受けるのが一番ベストでしょう。

最近では「肥満外来」というのがあります。(もちろん「肥満外来」という看板を掲げているわけではありませんから、安心して受診してください)

肥満の改善は、食事療法・運動療法が大きな柱です。

しかし、膝や身体の痛みを抱えられていますので、運動療法には制限が出てくると思います。

ですので、どの程度の運動なら、してもよいか、整形外科の先生と連携しながら指導していただけるようなところが理想だと思います。

総合診療科は、原因がどこにあるかはっきりとしない場合に、まずさまざまな科の疾病の可能性を総合的に考えて判断していただくために、受診するところです。

奥様の場合、ある程度原因や問題点がはっきりとしている部分がありますので、その部分については対象の科を受診していただく方が早道です。

しかし、奥様は多様な科の問題を同時に抱えていらっしゃり、それらが密接に絡み合っているようですから、個々の独立した医院ではなく、すべての科を持っている総合病院のようなところで、各科連携していただきながら受診していただくのがベストではないかと思います。

 

背中の痛みについてですが、最初にカイロプラクティックを受けてから出現したとのことで、おそらく質問者さまがお考えのように、カイロが原因で何等かの問題が発生した可能性があるとは思います。しかし、「カイロの後に背部痛が出現した」という事実だけで"カイロが原因です"とここですぐに断定することもできません。実際に背骨の状態がどうなっているか、レントゲンやMRI、またしびれの状況などを総合的に判断する必要がありますので、その点についてはとにかく整形外科の先生に相談して頂くしかありません。

足のしびれ、というのがもし、背骨の痛み、から来ているものだとすると、例えばヘルニアを起こしている可能性があると思います。

膝の痛み、に関しては、ヘルニアが原因となることはありませんから、おそらく肥満によって急激な負担がかかってきたことが一因ではないかと思いいます。減量と、姿勢指導などで痛みを感じない程度に改善する場合もあるのですが、奥様のご年齢ですと、膝の関節の中のクッションのようなところがすり減ってしまう<変形性膝関節症>というのを起こされる方が多いですから、これについてもまずは、そのような状態でないかどうかを整形外科の専門の先生に診察して頂きましょう、

 

先に申し上げましたように、ただ診断していただくだけではなく、その後の運動療法についてもご指導いただく方がよいかと思いますので、上記肥満外来と整形外科、それに婦人科や神経科など、他の科もあるようなところを受診して、各科連携してみていただけるようなところを受診していただくのがよろしいのではないかと思います。

同一病院内ですと、他の科のカルテも参照しながら診察していただくことが可能ですし、たとえば肥満外来においても、膝の痛みについて整形外科的な問題があるのか、それとも、ただ肥満のみからの過負荷なのかなどを把握しながら指導をしていただけることでしょう。

アルコール依存、については、仮にそうだったとしても、断酒しようというご本人の強い意志が何よりも必要です。(お薬はありますが、お薬だけで断酒はできません)

促されていやいや受診したところで、おそらく大した解決にはつながらない可能性があります。(アルコールを飲んで、暴れて包丁を振り回したり自殺を図る、など自傷他害のおそれがあるようでしたら、無理にでも受診をさせるべきですが)

神経科のお薬については、メイラックスで症状の改善よりも気分の悪さが勝ってしまい自己中断されたのですよね?もしもご本人様が乗り気なのでしたら、もちろん受診して頂きたいところですが、そうではないということですし、まずはご本人様の気持ちを押し下げ始めた根本のところ(=からだの痛み)から対応してみてはいかがでしょうか?

もし私がご質問者さまのお立場だったとしたら、

①総合病院の肥満外来および整形外来を受診

②その後の精神状態やアルコールの状況を見る

③精神状態についてコントロール不可なら、肥満外来(←たいてい内科医)で相談してみて判断をあおぐ(先生の判断で軽めのお薬を出して頂けるのか、あるいは、院内で婦人科や神経科を受診するのか)

④膝関節症がなければ、姿勢改善効果の望める運動指導を受ける

・・・という順で、受診を進めていくと思います。

 

もしよろしければ、お住まいの県をお知らせください。

(お引っ越し後、そのまま神戸市にお住まいでしょうか?)

上記条件を満たすような病院を、一緒に探させていただこうかと思います。

その場合は、回答の評価をせずに、返信のみお願い致しますね。

 

 

以上、極力わかりやすい表現をこころがけましたが、どうしても専門用語が混ざってきます。

不明な点、分かりにくい点等あれば、遠慮なく、返信機能を利用してお知らせください。

ご返信、お待ちしております。

質問者: 返答済み 4 年 前.


丁寧なご回答ありがとうございます。


神戸市(灘区桜丘町)在住ですので兵庫県内の近いところで受診したいと思います。


ご紹介いただければ幸甚です。近くの総合病院といえば海星病院、甲南病院、神鋼病院、神戸労災病院、六甲病院、市民病院、神戸大学付属病院等があります。(私が名前と場所を知っているところだけですが。)



 


背中の痛 みは23年ほど前の交通事故当初からあって事故後6か月ほどで段々痛みが増し炊事や家庭内の仕事が連続では10分程度しか続かず休み休みやるような状態でした。鍼灸やマッサージ、整骨で少しづつマシになり30分、60分と仕事が続くようになってきていましたが背中の痛みが一番の悩みでした。東洋医学の先生方からはカイロプラクティックのようなきつい整体はしないようにと言われていたのですが20年弱を経てある人の紹介で行ったところがカイロで、初めは調子よさそうだったのですが背中の痛みが増し、人との接触でひどく緊張するような状態になってきました。この点でカイロに疑問を感じてきました。急に背中の痛みが出たのでなくぶり返してきた原因にカイロと結びつけたものです。このころからウツの傾向が出てきたと思います。ここから肥満にもつながって来たと思っていますがカイロが原因なのか、あるいは気にしていなかった更年期障害もあったかもしれません(ずっと背中の痛みが続き体調が良くなかったので更年期障害に気づかなかったのかもしれません)。要はカイロ以前に戻り出来れば鞭打ちも治ればよいのですが。


またカイロの後、整形でMRIも撮りましたがそこからは異常は診断されておりません。整骨・整体の先生からは背中の奥にシートベルトによるむちうちの影響が出ていると言われたことがあります、簡単には治らないとも。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

そうでしたか。事故の影響は長引くと言いますものね。

体調があまりにおもわしくないと、うつの症状も出てきてもおかしくないと思います。

心と体は有機的につながっていますから、自分の思うように体が動かないことで

心もまた病むことがあります。

 

MRIは一度とっていただいていたのですね。ではヘルニアではなかったとのことなのだとは思いますが、

MRIに映らなくたって、痛いものは痛いでしょうし(すべての痛みが画像に出てくるわけではないので)やはり各科連携しながら継続的に診察していただけるようなところがいいかと思います。

 

整骨院・整体の先生もいろいろ言って下さるとは思うのですが、整骨院・整体の先生(柔道整復師)では診断書を出していただくことはできないのです(交通事故やカイロ等との因果関係を証明していただくためには診断書が必要です)診断書を出していただけるのは整形外科の先生だけですから、その意味でも整形外科の受診は必要です。膝も見ておいてもらいましょうね。

 

もし整形外科的に問題ないと言われた後なら、整骨院で鍼灸やスパイラルテーピング療法など、あまり関節に負担をかけないような治療法を選んでいくことになるとは思いますが、とにかく現状では、骨や関節に異常がないと確認することは必要だと思います。

その上で早期に肥満解消に取り組む必要があります。

肥満が続いていくことによっておそらく、膝だけではなく、色んな症状が芋づる式に出てきかねません。食事療法などを受けることにより、それらを食い止め、少なくとも膝の負担を軽減することが現状では最優先課題かと思います。各関節にかかる負担が少なくなることで、身体が少しでも楽になれば、心の負担も多少なりとも軽減するでしょう。

しかしカイロ以前にまで戻れるかどうかは・・・、どのような異常が出ているかを実際に目でみて判断させて頂いている訳ではないので、申し訳ありませんがちょっとネット上のご相談ではお答えができません。お許しください。

 

おっしゃられた病院だと、甲南病院と、神大付属病院がいずれも日本肥満学会というところの認定肥満症専門病院となっています。

甲南病院だと内科、神大病院だと糖尿病内分泌内科です。

しかし今確認したところ、甲南病院ですと婦人科がないようです。(神経科と整形外科はあります)

初回から神大病院というのもちょっとどうかという気もしますね・・・。

少し遠くなりますが、西市民病院(長田区)ですと、同じ学会の認定病院で、すべての科がそろっています。

http://www.kobe-nishishimin-hospi.jp/

もう少し近いところに川崎病院(兵庫区)がありますが、こちらは神経科がありません。

http://www.kawasaki-hospital-kobe.or.jp/medical/timetable.html#sat

 

もし私が質問者さまの立場でしたら、肥満外来と婦人科の連携はそこまで重要でもないので、

まずは甲南病院の整形と内科、必要に応じて神経科を(内科の先生経由で)受診し、別の婦人科医院で更年期障害のフォローをお願いすると思います。

分かりにくいことやご不明な点などありましたら、遠慮なく、引き続きご返信ください。

お待ちしております。

phns-rc, 看護師、保健師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 57
経験: 某国立大学 医学部保健学科卒 内科一般病棟勤務
phns-rcをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


長時間にわたる懇切丁寧なご回答に御礼申し上げます。ありがとうございました。まずは甲南病院を考えてみます。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

とんでもございません。少しでもお役にたてたなら幸いです。

奥様の軽快を心よりお祈りしております。

プラス評価を頂きまして、誠にありがとうございました。

質問者: 返答済み 4 年 前.


甲南病院について最近は大学の協力も少なくあまり評判はよくないとのことで甲南病院の再確認を含めて近隣の総合病院の紹介を知り合いの医者に頼んでおります。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

先生のお知り合いがいらっしゃるのですね^^;

甲南病院の評判、ずいぶん高い評価をされる方と、もう一つの評価とで大きく別れていますね・・

 

お知り合いの先生がどうおっしゃられるか、またよければお知らせくださいね。

甲南病院の評判、私の方でももう一度確認してみます。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問