JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

現在、医療訴訟になるかどうか弁護士さんと一度お会いするつもりでおります。 会社の法務部長からの紹介になるかと思いま

解決済みの質問:

現在、医療訴訟になるかどうか弁護士さんと一度お会いするつもりでおります。
会社の法務部長からの紹介になるかと思いますので、そのあたりにつ いて心配はないのですが・・
内容について弁護士さんが受け付けてくれないようなら泣き寝入りになりますよね?
初めてのことで、やはり費用のことも心配です。150万円くらいは最初にかかるものですか?
現在、カルテ開示の請求をしていて病院側から必要な部分だけをコピーするという話がきました。
全部を要求したのですが・・・。
枚数が多いので全部は無理との話です。またそのカルテ開示には何名が来院するかなどを
聞かれています。部屋などを予約するためといっていますが、多分相手側が手術にミスがあったため
防御対策を取り始めているように思います。やはり早急に弁護士さんに同席して頂いたほうがいいですか?
専門家の方、ご回答のほうどうぞよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
費用の方はわかりませんが、その弁護士にきいてみてください。米国では弁護士は働いた時間あたりで報償をもらいます。カルテ開示には弁護士に同席してもらった方が心強いとおもいます。
勝てるかどうかはその弁護士とカルテをみて相談してください。勝訴すればその弁護士の費用以上は十分に得られるとおもいます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

いつもご回答ありがとうございます。やはり相手が大きな大学病院だと一般ピープルには勝つことは無理なようです・・弁護士さんも尻込みするような気配があります・・教授だとミスはミスでなくなるものなのかなと思い始めてきました。被害をうけたことは事実ですけど・・結局死亡しているのではないのですから・・でも・・大きな別の協力医の力が得られるとしたらまた変わってきますか?


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
大学病院でもミスはミスです。法のもとではすべての人が平等に取り扱われるはずです。大学病院との医療訴訟に関係した弁護士を探し相談されてはいかがでしょうか。その弁護士がその領域の専門医を証人として見つけるはずです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

弁護士さまから「綿」を残して縫合した点が過失として認められる可能性が考えられるとしても
現在の容態(現在入院中の診断書の内容)では過失との因果関係は判然しないとのことです。


協力医の意見が必要になるとのことです。提訴の場合は今の段階では「症状固定」ができないので固定してからということになるようです。過失+因果関係+損害→損害賠償となると


いうことですよね??とりあえず相談からはじめて証拠保全と進んでいくことがいいですか?


倫理観欠如の部分はなにも関係しないようですね。医師は人の心を傷つけても構わない


職業となりますか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
手術後の「綿」を残して縫合した点ことと脳脊髄液の漏出は関係ありませんが脳外科手術の術後合併症としての脳脊髄液の漏出に関する再診拒絶と治療の遅れと現在の症状が因 果関係があるようならそれも過失となるかもしれません。
はっきり覚えていなくて申し訳ありませんが現在の症状はなんでしょうか。それと手術後、病院を変えられたように思いますが理由は何でしたか。その髄液の漏出の症状は入院中にありましたか。もしそうなら、担当医はそれに気ずいて治療しましたか。
裁判も感情がありますから、損害賠償の過程で明らかに過失がある場合、倫理観欠如の部分を考慮すると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お忙しいところご回答ありがとうこざいます。髄膜腫の腫瘍摘出です。腫瘍は約一cmも満たない大きさでした。術後、数日後に肺炎、鼻と耳からの髄液もれがありまし た。入院中に治療したとのことです。一流の大学病院ですが、肺炎も髄液漏も担当医(呼吸器科、耳鼻科)などの医師の治療は無かったように思います。主治医は自分たちは「脳神経外科医」でそれ以外は診られないとの話でした。その合併症、特に肺炎については47歳の年齢では普通は考えられないことだと言い張ります。想定外だと。日本で一番この手術をしているが・・との話です。現在転院した医師の診断書の病名は「髄膜腫摘出後髄膜炎、細気管支炎、左外転神経麻痺」です。腫瘍をとったことで更に二重に物が見えるようになりました。今の医師もこれに関してはまだ時間がたたないとわからないと言います。転院した理由は「手術中9時間目に教授が言った「こいつ(綿)はどうしますか?取りますか?残しておいてもこいつ(綿)は悪さはしませんが」と言った時点でその教授がいかに最低な医師であるかを認識したからです。翌日私は海外在住の医師にメールをして、約一か月半にわたり数回その医師からアドバイスを受けていました。一度退院して体調が悪くなっても手術した病院には受診拒否され、また近所の病院でも手術した病院で診てもらいなさいといわれ・・結局手術した病院に行き、かなりの時間放置され髄膜炎となって再入院した訳です。ですが再入院してからも拷問のような扱い方でとても見ていられませんでした。食事もいらないということが多くなり瘦せていきました。ですので、海外在住の医師の力で


セカンドオピニオンという形をとり、転院(強引にしました)をしました。転医先はこれが本来の病院だと日々実感しています。今はその治療を続けていますがあらたな病気「胆石」まで見つけて頂きました。脳外科医の専門医として教授は日本で一番この手術をしたなどといっていますが・・10日の入院予定が来週で二か月です。弁護士さんは因果関係、後遺症の固定がまだできないので提訴は今の時点では無理とのことです。しかしながらカルテのコピーはすべてしたほうがいいとのことです。肺炎は日本一番だとおっしゃる脳外科医教授の言うとおり、年寄以外想定できない合併症となるのでしょうか?都内の大学病院ですのでどんな力を使っても私たちの被害は受け入れられないような気もしています。提訴するには相手が相手なので時間も費用もかかる覚悟をとも弁護士さんに言われています。倫理欠如は側面から考慮可能なのですね?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
手術中の大量出血、ICU入院、再度の手術で体力が衰えていれば、細菌に体する抵抗力が低下し、肺炎にかかるのも無理のない話のように思います。髄液漏はその手術と時間的に考えて明らかに関係しているように思われます。手術外傷による髄液漏はどこにその髄膜腫あったかに関係していると思います。肺炎と髄液漏の治療がおこなわれないか、呼吸器科、耳鼻科に紹介しないようであれば軽視 (neglect) として過失になる可能性があります。 倫理欠如はそれらの過失が明らかにある場合、さらにその罪状は重くなると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

いつもご丁寧なご回答感謝いたしますDr GATOさまは米国在学中とありますがやはり日本では学びきれないものがあるから外国にいらっしゃるのですか?山梨の大学を出られているようですが静○県○○病院のことをご存知ですか?お時間があるときに調べてみてください。凄すぎます。。手術時間・・そうですよね・・長すぎると別の医師数人からも言われました。。肺炎の治療はレントゲンをとって飲み薬を処方して咳がとまらなかったので点滴で終わりだったそうです。髄液漏れの時は耳の異変を医師に伝えましたが耳鼻科の担当医は一度も診てくれなかったそうです。。脳神経外科は開頭して腫瘍とって終わりのような感じでした。一度も頭の傷も


脂肪をとったお腹も異変を感じている耳も触れたり見たりしたことはありません。首の後ろなども触ったりもありません。とにかく主治医三人は主人の体には触れませんでした。髄膜炎部分は左耳上の部分らしいです。細菌性髄膜炎ですと。最後にこんなことも言いました。「リカバリーショット」でこの手術は100パーセント成功でしょうとも。都内一流大学病院ですよ・・あり得ますか??


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
残念ながら静○県○○病院は知りません。何を調べれば良いのでしょうか。術後管理としてその主治医の対応は尋常では無いですね。髄膜炎は明らかに髄液漏からの感染です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

清○病院から被害者をなくす会というサイトです。いかに日本の医療裁判というものがひどいかがお判りになると思います。尋常ないですよね。証拠保全、着手と進んで、示談、訴訟となっていくのが普通のようですが・・後遺症という部分が今固定できないでいます。そうしますと損害賠償が今の段階では算定できないようです。手術前には主治医から左外転神経麻痺は手術しても治るかはわからない、五分五分とは言われたりしてはいましたが・・実際、現在の状況は腫瘍をとっても、外転神経麻痺が手術前よりもひどくなっているのです。二重の見え方が前よりもあると本人は言います。ですので、階段を降りることがなかなか難しい状況です。最初の一歩が踏み出させないのです。外転神経麻痺の回復には人それぞれで半年ぐらいはとりあえず経過観察が必要だとの話も今の主治医からはあります。更にどうしても回復しない場合は眼科矯正という話になっています。術後の入院中に髄液漏れが完治していなくて髄膜炎になったと


いうことは明らかですか??退院してから再入院するまでの3日間、家で過ごしたことが原因ではないですよね??

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
術後の入院中に髄液漏れが完治していなくて髄膜炎になった可能性の方が非常に高いと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問