JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

突然で申し訳ございません。先週8月27日に11才になる娘が脳出血で倒れました。診断は脳動静脈奇形による脳出血

解決済みの質問:

突然で申し訳ございません。 先週8月27日に11才になる娘が脳出血で倒れました。 診断は脳動静脈奇形による脳出血とのことでした。 翌日開頭手術を行い、出血による血腫と、ナイダスを切除しました。 あれから一週間たちましたが、娘の容態は日々改善しているように見えます。 問いかけには答えているし、麻痺していた右手も指を動かしたり、若干ながら腕を持ち上げたりできるように なりましたが、右足はまだ動かせません。 また 、再検査でナイダスが再び発見された場合、再手術をして切除することもあると言われています。 再検査で再びナイダスが発見された場合は、やはり切除することがベターなのでしょうか? せっかく回復気配になっているのに、再度手術を行い、さらに重い障害を残すことにならないかとても 心配です。 また、再手術が必要ない場合でも、今後どのような障害は発生すると考えられるのか、家族としてどのように 対処していけばよいのかご教示いただければ幸いです。 乱文で大変申し訳ございませんが、よろしくお願いします。


 


娘はこれまで脳出血となる兆候が見られませんでしたが、27日夜突然


頭が痛いと言いだし、嘔吐しました。


その後、動作が不自然であったため、手足を動かすよう指示したところ


右手、右足が動かせない状況であったため、救急車を呼び病院へ搬送されました。救急車内では、意識ははっきりしていました。


翌日28日に出血部分の確認と出血原因を検査したところ、脳動静脈奇形による脳出血と診断され、即日に開頭手術を行い、血腫とナイダスを切除しました。


但し、血腫は脳組織に影響のある部分については剥離を行っていません。


再検査で再びナイダスが発見された場合には、ガンマナイフを使用した手術もあり得ると言われています。


 

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。私でよろしかったらお力になりますよ。小児科の専門医の資格も持っています。大変でしたね。現在どのような医療機関で治療を受けられていますか。脳神経外科や神経内科の先生方が主に治療に当たっておられるのですよね。リハビリは行っておられるのでしょうか。もちろんベッドの上でですが。それで、ナイダスが他にないかどうかはまだわからないんですね。その辺りの調査はいつになりますか。
質問者: 返答済み 5 年 前.


お世話になっております。


現在は市立病院の脳神経外科にお世話になっております。


脳神経外科の専門の先生が2名おられて、手術など対応していただいています。


リハビリは、ベットの上だけですが、手足を少しづつ動かすことから始めてます


9/1現在、、右腕が少し動くようになっており、動かない脚も触られている感覚はあるようです。


 


再検査はいつ行うかまだ未定です。容態を見てからと言われていますが


今週はまだ無理ではないかと思われます。


ナイダスが見つかれば、今後新たな出血を防ぐため、切除するため再手術


が必要とのことでした。


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答お待ちしていました。
ありがとうございます。

そうしますと見つかれば手術ということでお話はされているんですが、もうご存知だとは思いますが手術での摘出が難しい場所であればガンマナイフの治療が行われますよね。
そして手術をすればそれで、もうその場所の出 血を一生心配しなくていいです。

あと、脳血管内治療として脳動脈奇形塞栓術もあるにはありますよね。
鼠蹊部から血管を通して治療を行うものですが。
ただし、これはオールマイティではなく出血があることも稀にあります。

これはほんとうに再検査次第と言えそうです。
もう他にナイダスがないことを祈ります。

リハビリは行っているようでそしていい感触が得られているようで私もうれしいです。
このような患者さん、特に若いと回復は目覚ましいものがあります。
私はそのようなケースをいくつも見ていますよ。みなさん奇跡的に回復されているケースが多いですから。

この時点で再検査が行われていない時点で申し上げられることは少ないですが、何かご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能をお使いの上質問を書き入れて下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早々にご回答を頂き、ありがとうございました。


先生のご回答を呼んで、希望を持てるようになりました。ありがとうございます。


新たなナイダスが発見された場合、再手術を行った方がよいのか正直迷います。


せっかく回復の兆しが見えているのに、また脳を触るということに抵抗を感じます。


しかし、再発のリスクを考慮すると腹をくくるしかありません。


 


新たなナイダスがないという前提の再質問になりますが、リハビリで手足


が動くようになっても、運動の制約とかはあるのでしょうか。(例えばかけっこはダメとか。)


娘ははやくも来月の陸上大会に出ると意気込んでいます。


さすがに来月は無理ですが、来年の運動会や陸上大会でリレーの選手


として出場させてあげたいと考えています。


 


また、運動に制約があったとしても、日常生活に支障がない程度までに


回復することは可能でしょうか?


書き忘れていましたが、出血による脳破壊が認められるとのことで、心配


しています。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
普通の生活ができるまでに回復する可能性は高いです。
脳のダメージがあれば、痙攣を起こしやすいのでそれに関しての管理はされることで しょう。
高いところには、例えばジャングルジムのようなものには一人では登らないこと、5分以上の痙攣が起きたら救急車を必ず呼ぶことなどなど、注意はされるでしょうが一応書いておきます。
かけっこは大丈夫です。
神経内科での受診も出来れば小児神経内科で続けられて下さい。

お近くに小児科専門の医療センターがあればそういうところが理想的ですね。
いろいろなリソースがあるので情報も得やすいですし。
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変親切にご回答戴き、ありがとうございました。


 


そうなると、遊園地のジェットコースターなど、体が揺さぶられる遊具も


なるだけ乗らない方がよいでしょうか。


また飛行機も乗れないなどの制約はありますか?


 


細かい事をお聞きして申し訳ございません。


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
本人が耐えられるような活動は何でもしてもいいはずです。
ただし、飲酒や喫煙はだめです。飲酒は適度なものだけ。
ジェットコースターやダイビングですが、外科的手術後、全て順調であれば大丈夫です。
飛行機も大丈夫です。
ただ、脳動脈瘤を抱えておられる方にはもっと活動の制限があると 思います。
重いものを力んで持ち上げるなとか、確かダイビングもダメではなかったかと思いますね。
しかし、娘さんの場合は動脈瘤がもうないとしたら制限はないはずですよ。
ただ、痙攣のことだけ注意していればいいはずです。
高いところに登れない理由は、もしそこで痙攣が起きたら落ちて怪我をするからです。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問