JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4039
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

若い時からキーンとか、ピーンとか高い音が聞こえていました。高周波音と云うか、兎に角、高くて小さな音です。他の人も聞こ

質問者の質問

若い時からキーンとか、ピーンとか高い音が聞こえていました。高周波音と云うか、兎に角、高くて小さな音です。他の人も聞こえていると思って別に異常とは思っていませ んでした。特に頭痛がするとか肩が凝るとか、目眩がするとかの症状は無いので、そのまま放置してましたが、最近聞こえが悪くなったのか携帯の音に気づかなかったり、テレビの会話が聞き取りにくかったりしています。耳鼻科に行っても、加齢的なものだと言われ、お薬を貰いましたが飲むと種類の違う雑音が聞こえだして止めました。56歳女性です。今特に困っている訳では有りませんが、聞こえなくなって来るのでと言う恐怖が有ります。どうしたら良いでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
聴力の減少と耳鳴りから単に加齢的によるものではないかもしれません。大学病院のような大きな病院で精 密検査を受けてください。加齢的による聴力の減少は60頃から起ります。加齢的による聴力の減少によって耳鳴りを起こすことがあります。その耳鳴りが心臓の拍動のようであれば内耳の血管のコレステロールの蓄積による血流障害が考えられます。内耳骨の異常成長も聴力の減少と耳鳴り起こします。これは家族性のものです。高血圧の利尿薬、アスピリン、抗生物質も耳鳴りを起こします。質問がありましたら、躊躇わずに、質問してください。

医療 についての関連する質問