JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。 脳疾患について教えてください。 2年ほど前の事ですが、運動中に後頭部の右下部分がぶちっと音をた

解決済みの質問:

こんにちは。
脳疾患について教えてください。

2年ほど前の事ですが、運動中に後頭部の右下部分がぶちっと音をたてて何かが切れた感じがし、その直後に温かい液体の様なものが頭を右半分覆 うような感触がありました。
めまいがしたので直ぐに横になったところ、しばらくすると歩けるようになりました。
その時、またそれ以降には特に激しい頭痛や吐き気はありませんでした。

現在は日常生活にも特に支障なく過ごしていますが、左右の掌の血色が違ったり、右手の動きに若干違和感を感じることがあります。

これはくも膜下出血のような事が起こっていたのでしょうか?
もしそうであった場合、今後、脳血管性認知症を引き起こすような要因となるものでしょうか?

教えていただきたくよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユー ザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

2年前のエピソードに関しては、少なくともくも膜下出血ではないでしょう。くも膜下出血であれば激しい頭痛を伴っていたはずです。その後の経過を考慮すると、頭蓋骨の中で何事かが起こった可能性は低いと思われます。


①2年前は、その後、脳神経外科を受診され、脳のCTやMRI検査などを受けられたのでしょうか。

②なぜ今になって、脳血管障害について心配されるようになったのですか?

③差し支えなければ相談者様のご年齢を教えて下さい。

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山様、
早速のご連絡ありがとうございます。

二年前は特に気になる症状がなかったため、病院で検査を受けておりません。その後も右手の症状など気にはなりましたが、生活に支障が無いため、受診しませんでした。
最近も症状が悪化した等はないですが、脳血管性認知症の要因となるのではと不安になり、ご相談しました。
年齢は五十歳になります。
鉄欠乏性貧血のため、鉄剤を服用する事がありますが、常用しているものは特にありません。
他に情報が必要であればお知らせ下さい。
よろしくお願いします。
,
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

前述したように、2年前のエピソードは脳血管障害であるとは思われませんので、これをもって相談者様の脳血管性認知症の発症リスクが高いとは言えません。

動 脈硬化のリスク(=脳血管性認知症のリスク)を上げる糖尿病や高血圧、高脂血症といった持病もおありではないようですからご安心していただいてよろしいかと存じます。

ご心配であれば、簡易に血管年齢を測定できるCAVI検査を心臓血管外科などで受けられますので、そのような設備を持った医療機関を受診されてもいいでしょう。
より直接的に、脳ドックなどを受けられるのも一策でしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問