JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

年齢による難聴と言われましたが、又年齢のわりにしては、悪いとの診断で、 補聴器しか、ありませんね。。。 と先生の

解決済みの質問:

年齢による難聴と言われましたが、又年齢のわりにしては、悪いとの診断で、
補聴器しか、ありませんね。。。
と先生のコメントですが、
治療・手術等の方法はありんませでしょうか?

年齢:62歳、男性、会社員

補聴器を利用すると、ほとんど問題はありませんが。。。

よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問 い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。

老人性難聴は音そのものを聞き取れない伝音性と、内容が分からなくなる感音性が混ざっており、人によって、どちらの割合が大きいかは個人個人で異なります。

老人性難聴は老化現象であって病気ではないため、「治療」の対象とはなりません。
難聴が進んだら補聴器を使用するのが一般的です。
老人性難聴を元に戻す方法は無いのです。

感音性難聴の要素の要素が強い方では、補聴器を使用しても聴覚の回復が得られませんから、補聴器の装着で不自由が無くなる相談者様の場合は補聴器の使用が好適と言えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問