JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

歩くと太ももの表側、膝上辺りが痛みます。 酷い時は歩かなくても痛むときがあります。

解決済みの質問:

歩くと太ももの表側、膝上辺りが痛みます。
酷い時は歩かなくても痛むときがあります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへん短い投稿文ですのでもう少し情報をいただけますか。

①年齢、持病、服薬されているお薬。
②病院に受診されたのであれば診断名
③いつから始まったのか。
④腰は痛くないか。腰椎のヘルニアはないか。

まずはここからはじめたいと思います。
追加の質問があるかもしれませんがご了承下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

年齢は29歳で持病、服薬はありません。


病院に受診もしていません。したいと思っているのですが、中々時間が作れず・・・


 


始まったのは、昨年出産したのですが、それから約半年後くらいから始まって、なんだか重たいようなだるい痛みです。


腰はいたくはないのですが、背中の丁度、真ん中辺りに押すと痛みがあります。


 


今までにヘルニア等の症状もなかったです。


あと、寝起きは両足の甲が歩行が困難な程痛みます。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
なるほど。

お返事ありがとうございます。

そういうことであるなら腰椎に問題がある可能性が高いような気がします。
実は脊髄から出ている神経が下肢の感覚や動きを司っていますがその場所によって支配している領域が違います。
例えば脊髄のL5-Sと言われる部位に問題があって例えばヘルニアや狭窄があれば神経が圧迫されて太ももの後ろ側に痛みや痺れが出ます。
そしてもう少し上のL4-5という部位になりますと、太ももの外側ですね。
そしてあなたの経験されている太ももの前側となりますその上のL3-4に問題があり、あなたの押して痛む背中の真ん中に近いところに問題があることになります。つまりそのあたりにヘルニアや狭窄があるわけです。

足の甲の痛みもあるようですね。
これも腰椎の問題から来ている可能性は高いと思います。

お勧めしたいことは痛いのを我慢されていないで受診されることですね。
整形外科でいいと思いますよ。
腰椎のMRIを撮ってもらってください。

治療法はMRIの結果次第でしょうが非ステロイド抗炎症鎮痛剤や、神経ブロックやトリガーポイント注射、血流を良くお薬や筋肉を弛緩するお薬などなど。
リハビリも有効ですね。

しかし、まずは診断をきちっとつけることです。
腰椎に問題があるとわかったら脊髄の専門医を受診されるといいかもしれません。

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

参考にされて下さい。

ご質問がございましたらこの回答を評価される前に返信機能をお使いの上質問を書かれてくださいね。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問