JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

70歳男性です。長年後鼻漏で苦しんでいます。昔、手術を受けましたが治らず。近年も内視鏡の手術を受けましたがやはり後鼻

解決済みの質問:

70歳男性です。長年後鼻漏で苦しんでいます。昔、手術を受けましたが治らず。近年も内視鏡の手術を受けましたがやはり後鼻漏がひどくなるばかりで夜も眠れません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。

 

後鼻漏は、2つの病気・体質の組み合わせで起こります。

①鼻水が出る疾患
と、
②咽頭や喉頭にいつも鼻汁が流れることによって、二次的に起こる慢性咽喉頭炎
です。

この連動する2つの病気を同時進行で治さなければならないために、後鼻漏は、一度そうなってしまうと、長期の治療期間を要します。

相談者様の場合の①鼻水が出る疾患は何なのでしょう?
また、近年受けられた内視鏡の手術がどのような手術であったか、少し詳しく教えていただけますか?

現在は医療機関にかかられているのでしょうか。その医療機関は、下記のサイトから検索できる耳鼻科専門医ですか?
【日本耳鼻科学会認定 耳鼻科専門医】
http://www.jibika.or.jp/meibokensaku/senmon-kensaku.html

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


病名は「左し骨洞のう胞」、「右蝶形骨洞のう胞」です。52年前と40年前位に手術(切り開く)しています。30年前位と20年前位に内視鏡手術(溜まった物を吸い取る)。近年では2年前に内視鏡手術(開放)をしました。しかし、最近では後鼻漏が塩辛くなり、夜中も眠れず全く良くなりません。 気休めにと思い、1ヶ月前位から近所の耳鼻咽喉科で鼻洗浄を始めたところです。手術か何か良い治療法はありますか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

最初の情報リクエストで、「後鼻漏は、2つの病気・体質の組み合わせで起こります」と述べました。

①鼻水が出る疾患
と、
②咽頭や喉頭にいつも鼻汁が流れることによって、二次的に起こる慢性咽喉頭炎

相談者様の場合、①に相当するのが「左し骨洞のう胞」と「右蝶形骨洞のう胞」で、こちらの治療はうまくいったという前提で回答させていただきます。

そうなると、残るは、②の慢性咽喉頭炎の治療が重要、ということになります。
慢性咽喉頭炎の治療には手術は行われません。消炎酵素薬や粘液溶解薬(痰の排出を促すお薬です)、抗炎症薬、抗アレルギー薬といった薬物療法が行われます。
また、マクロライド系抗生物質の少量長期投与の有効性が、近年注目されています。

現在通われている耳鼻科で、こうした治療のリクエストをされるべきでしょう。

副鼻腔炎の治療に重きを置かれているかのようですが、慢性咽頭炎の治療もしなければ後鼻漏は治りません。

以下のサイトから、日本耳鼻科学会認定の耳鼻科専門医の検索ができます。
専門医=腕の良い医者というわけではありませんし、既に受診された医者がこの中に含まれているかもしれませんが、こうした専門医を受診されてセカンドオピニオンを受けられてみてはいかがでしょうか。

【日本耳鼻科学会認定 耳鼻科専門医】
http://www.jibika.or.jp/meibokensaku/senmon-kensaku.html

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.


回答を有難うございます。


一つだけ質問したいのですが、切り開いた手術や鼻に溜まった嚢を吸い出した手術の時は、数年間気になる症状がなかったのですが、2年前の開放の手術後は痛みもすっきり取れず、鼻の流れがひどくなったのです。術後の合併症でそういう症状が出る、とネットでどこかの医療機関が書いてありました。この開放の内視鏡手術は本当に良かったのでしょうか?猫山司先生が診断されたように、うまくいってると解釈していいのでしょうか?合併症の記事を読んで不安になり、このジャストアンサーシステムを探した次第です。よろしく御願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 猫山司先生が診断されたように、うまくいってると解釈していいのでしょうか?
この部分ですが、私は相談者様を診察しておりませんし、術後の経過もご記載がなく、不詳でしたから、

相談者様の場合、①に相当するのが「左し骨洞のう胞」と「右蝶形骨洞のう胞」で、こちらの治療はうまくいったという前提で回答させていただきます。


と、「2年前の開放の手術」も含めて①の治療はうまくいっているという「仮定」のもとに回答を致しました。
従いまして、術後合併症らしき症状が出ているのであれば、それはそれで治療を受けられるべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問