JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

高次機能障害について教えてください。障害者認定のしくみとして、高次機能障害の患者は精神障害者保健福祉手帳を申請するこ

解決済みの質問:

高次機能障害について教えてください。障害者認定のしくみとして、高次機能障害の患者は精神障害者保健福祉手帳を申請することになるとインターネットで調べたのですが、認定される役所についてや、プロセスが良く分かりません。私の義理の弟(35歳)が今年の4月29日にくも膜下出血で倒れ、救急病院で2か月入院したのち、失語症と片麻痺と診断され、リハビリ専門病院へ移ることになり、ちょうど1カ月半 程度になります。当初と比較して、車いすから立ち上がり、介助があれば階段の上り下りも可能となっており、耳も聞こえているようですが、言葉は片言で話せるものの、文章にはなりにくい状態です。左側の視野が非常にせまくほぼ右側のみ認識しています。食事も自分で口に運べますが、視野がせまいため、妻である妹や彼の母親などの介助が必要です。現在入院しているリハビリ医は、身体障害者認定は無理であるとしか説明せず、診断書もきちんと書いてくれるかも疑問です。精神障害者保健福祉手帳についてもインターネットで調べたくらいですので。交通事故による高次機能障害サポートとして弁護士事務所や、行政書士などの情報は見つかりますが、病気による高次機能障害の場合は、どうすれば適切な障害者認定がうけられるのでしょうか。リハビリ医や精神科医の先生方が診断書を作成されてから各市町村で最終的に判断されるとも聞きましたが。保険金の手続きや今後の妹夫婦の将来において非常に重要なことなので、どちらに相談すればよいか分からず、大変長い質問で申し訳ございません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

こんばんは。突然のことで大変ですね。少し詳しく教えて下さい。

1)今ご入院されている病院に、「地域医療連携室」というところがあるかどうかを確認して、

その有無を教えて下さい。

2)お住まいの市区町村はどちらになりますか?お住まいの場所により、受けられるサービスや、認定プロセスが異なります。

3)主治医は、「身体障がい、は無理」と言われたとのことですが、その理由をなんと話されていましたか?

まずは以上、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

もともとは京都の第一日赤病院に運ばれ、ICUと一般病棟で完全看護で治療を受けておりました。その後、同じく京都の大原記念病院というところに移動することになりました。リハビリ専門の病院のようで、リハビリ担当医、PT、OT、STの担当の方がリハビリをしてくださっています。地域医療連携室の有無については、HPでも見つけられず良く分かりません。


妹夫婦の市町村は京都市西京区です。ただし、今の住まいはマンションの3階で階段しかなく、バリアフリーでもないので、義理の弟の実家のある兵庫県尼崎市に移動することになりそうです。


 


身体障害認定がなぜ無理だと言われたかは、私の父親が聞いてきたところによりますと、まず左右の視力があること。ただし前頭葉に脳梗塞、もともと左側の脳の損傷が激しかったためか、視野が著しく欠けてはいます。ただ見えているという意味です。また当初は右半身がまひしてい ましたが、リハビリにより改善しているようで、手足も動きます。失語症ではありますが、意味のわからないことを言うことも多いのですが、一応まったく話せないわけではない状態です。現状で、あと2カ月程度病院にはいられるため、さらに少しは回復するかもしれないためか、身体障害者認定は難しいと言われたようです。しかし、現実問題として、いままでの仕事(車の営業)はできませんし、車の運転なども今の視野ではとても無理ですし、話がかみ合わないことも多く、また声も昔に比べて小さいので、普通に仕事ができるとは思えないのですが、実際問題として、そのリハビリ医の診断書の内容によって、市区町村で認定がなされるわけで、認定の等級がかなり低い場合は満足なサポートが受けられないのではないかと非常に不安です。また保険会社で生命保険をかけていたようですが、こちらもこのリハビリ医の診断書いかんで保証が全く変わってくるのではないかと思う訳です。妹と姪の将来などを考えますと非常に厳しいのではと考えるわけです。精神障害者保健福祉手帳ではどの程度、サポートが得られるのかが良く分かりません。また35歳という年齢がさらに問題のようで、40歳にならないと介護保険が使えないと言われたらしく、どうしたものかと親族が頭を抱えているようです。私は離れて大阪で暮していますが、妹を支えてやらねばと思うものの、なかなか状況的にむずかしく、ご相談をさせていただいております。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

わかりました。介護保険は40歳からですので、言われたように無理だと思います。

ちょっと調べてみますので、少しお時間を下さい。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

申し訳ありませんが、ちょっと私では十分なお答えができそうにありません。

オプトアウト致しますので、ご了承願います。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

リハビリテーション専門の病院に入院されていて、なぜ障害者 手帳の申請の仕方の説明が受けられないのかはいささか疑問です。

まず、既に聞かれているように、高次脳機能障害では、身体障害者手帳による福祉サービスの対象にはなりません。
http://www.pref.aichi.jp/0000007101.html

器質性精神障害としてせ精神障害者手帳の交付は受けられますので、市町村の役場の障害福祉課で必要な用紙を揃えて、現在入院中の病院の主治医から紹介状を作成してもらい、精神保健指定医がいる病院を受診されて、診断書を作成してもらってください。
http://koujisapo.com/administration/mentaldisorder.html

市町村の審査は厳しいものではありませんから、医師がちゃんとした診断書を書けば、ご記載の症状ならば手帳は交付されるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問