JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今までなんともなかったのですが、昨日の朝、右膝が痛くて目が覚めました。部位は膝のすぐ下でスネとの間のちょっとくぼんだ

解決済みの質問:

今までなんともなかったのですが、昨日の朝、右膝が痛くて目が覚めました。部位は膝のすぐ下でスネとの間のちょっとくぼんだところです。なにもしなくても鈍痛があり、今朝は抑えると強い痛みがありました。足を曲げ伸ばしができ ません。伸ばしきるとかえって痛く、やや曲げている方が楽です。仕事はデスクワークです。一日椅子に座っていたりときどき歩行したりしていたら、だいぶ快方しました。しかし就寝して4時間くらいしたら、また膝の鈍痛で目が覚めました。昨日の朝と同じ症状です。昨日よりは少しマシな感じですが大差ありません。病院へ行ったほうが良いでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお 問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①差し支えなければ、相談者様のご年齢を教えて下さい。

②腰痛はお持ちではありませんか?

③持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
年齢は52歳、男性です。
腰痛は15年ほど前にぎっくり腰を一度やりましたが他にはなんともありません。

持病は高血圧です。アムロジピン5mgを一日一錠服用中です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

相談者様が疼痛を感じられている部位は膝蓋腱(膝蓋靭帯)だと思われます。

http://www.bodywork-center.com/blog/wp-content/uploads/2010/06/knee_anatomy.jpg

 

症状も膝蓋腱炎として矛盾しません。

……が、これは本来スポーツ障害ですので、その意味では相談者様は典型例とは言えないでしょう。

http://www.katayama-seikei.jp/conferen/main_disease63.html

 

とはいえ痛みや関節の可動域制限が続いていますから、整形外科を受診されることをお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。まさにこの症状です。
症状が出た前日は久しぶりにパリの街を3時間くらい散歩したのですが、その程度のことで発症するのでしょうか。ちなみに普段は全く運動をしていません。

体重74kg、身長174cm、メタボではあります。

痛みが取れなければ整形ですが、基本的は保存療法で負荷をかけないということでしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

できるだけ安静を保ち、膝にかかる負荷を最小限にすることが療養の要となるでしょう。あとはアイシングですね。湿布等ではなく、氷嚢を使って1日2~3回、20~30分程度(感覚が無くなるまで)疼痛部位を冷やすことを お勧めします。
膝への負荷を減らすためには、体重は少しコントロールされた方がよろしいかもしれません。これは整形外科を受診されても指摘されるでしょう。

本来は跳ぶ・走る、を激しく行うスポーツ選手が発症する疾患ですから、3時間の散歩で膝蓋腱炎が起こるとは考えにくいのですが、日頃は運動を行っていないために膝関節を安定させる筋肉が衰えており、かつオーバーウェイトで、長時間の散歩をしたことによって膝蓋腱に無理がかかって炎症が起きた、というストーリーもありえなくはないかもしれません。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問