JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の父が斜め方向の視野の遠近感が取れなくなっています。脳外科でMRI検査をしましたが、異常はありませんでした。考えら

質問者の質問

私の父が斜め方向の視野の遠近感が取れなくなっています。脳外科でMRI検査をしましたが、異常はありませんでした。考えられる原因と治療方法を教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山ともうします。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①斜め方向とはどの方向でしょう? 眼を水平に動かして横目で物を見ても、斜め情報を見た場合でも「斜め」ですが。

②複視(物が二重に見える)はありませんか?

③「斜め方向の視野の遠近感が取れなくなって」いることで、日常生活上どのような問題が生じているでしょうか。

④お父様に持病や常用薬があれば教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生こんばんは。夜遅くに申し訳ありません。早速の御連絡ありがとうございます。ご質問にお答え致します。


①斜め方向についてですが、食事をしている時、持った器を手元から離れた場所に置く際に遠近が取れてないようですので、眼を水平に動かして横目で見た場合も含まれるようです。


②複視もあるようです。


③食事の際に持ち上げる際と器を置く際に遠近感が取れない様子です。


また、字を書くことが難しいです。


④父親の持病は糖尿病と頚椎損傷で左半身が動かしづらいです。また、脊髄狭窄症、認知症とは言われていませんが点数チェックをしてもらった際には、認知症のレベルだが急に認知症の症状が急には出ないので様子を見ましょうと言われました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

眼球にはそれぞれに6本の筋肉(眼筋)がついていて、脳の命令によって眼筋が協働して動くようになっています。脳内で両眼からの情報が統合され、映像が一つになるとともに、遠近感、立体感が生まれます。

複視もあるのであれば、もっとも可能性が高いのは、この眼筋の動きの協調が妨げられるような病変が、眼筋かそれらを動かす神経、その神経核がある脳幹部までのいずれかの箇所に存在する可能性が考えなければなりません。

脳幹部の梗塞や出血が起こっていたり、糖尿病がおありということですから動脈硬化によって脳神経の血流障害が起きていたり、脳神経が走行する途中に動脈瘤が発生して神経を圧迫している可能性も考えられます。眼球に付着する筋肉に炎症が起こる疾患もあります。
原因はさまざまですので、神経内科を受診されて、各種神経学的診察や、MRI等の精密検査を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問