JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願い申し上げます。 私は78歳(女)の老人です。今年の四月に関節リウマチの診断が付きました。かかりつけの

質問者の質問

よろしくお願い申し上げます。
私は78歳(女)の老人です。今年の四月に関節リウマチの診断が付きました。かかりつけの内 科医から病院のの膠原病科を紹介され現在両方で薬をいただいております。。内科医では、フロセミド、メチコバール、エディロールカプセル、クラリスロマイシン(気管支喘息があるので数年前から飲んでます。)激痛がくるので鎮痛剤をのんでいたのですが、いまはボルタレンサポ25mg(座薬)を1日3~4個でいたみをおさえています。
膠原病科からは、リンデロン0.5mgを1.5錠、セレコックス200mgを朝晩1錠ずつ、リウマトレックスを週1回3カプセルを朝晩、フォリアミンを週1回いただいております。。現在一番苦しいのは歩き出しますと首が前に倒れて背中が痛くて痛くて朝一歩歩き出すのが本当につらくて、内科医から整形外科を紹介されたのですが、リウマチのせいもあるし、年齢的なこともあるので薬を上げますから様子を見て、とのことでしたがこれ以上薬は飲めません。
ご相談させていただきたいことは、こんなに沢山の薬をのんでいても大丈夫なのかと言う事と
(すでにステロイドのせいか顔がまるくなっています)首を支えるコルセットのようなものはつけてはいけないのでしょうか、と言うことをご相談させていただきたいのです。朝動き始めれば何とか家事もできますし、30年来継続してきた仕事のために事務所へ出勤もしておりますが、道をあるきますと前が見えないので人とぶつかりますし、この間は自転車にぶつかりました。病院の先生もお忙しくてなかなかお話ができません。どうぞよろしくお願い申しあげます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。

まずお薬ですが、お薬手帳を持っておられて、2名の主治医と、2箇所の病院からの処方を受ける薬局がが互いの処方を把握しているのであれば飲み合わせの問題があるという懸念は持たれなくてよろしいかと思います。

ただ、問題は全体量ですよね。

一見した限りでは、かかりつけからのボルタレンの座薬と、膠原病内科からのセレコックスが、作用が重複しているおくすりということになります。「激痛がくるので鎮痛剤をのんでいたのですが、いまはボルタレンサポ25mg(座薬)を1日3~4個でいたみをおさえています」とのことですが、この激痛がリウマチからくるものならば、疼痛が激しい時の頓用薬も膠原病内科から処方されるべきでしょうし、それがボルタレン坐薬でなければならないかどうかも含めて膠原病内科の主治医が決めるべきでしょう。
紹介をされたわけですから、リウマチに関する相談はすべて膠原病内科でして、処方もすべて膠原病内科から受けられるようにすべきです。

膠原病内科からの処方に不必要なお薬があるようには思いません。

かかりつけからの処方は、

フロセミド:利尿薬
メチコバール:ビタミンB12
エディロール:骨粗鬆症治療薬
クラリスロマイシン:抗生物質

ですが、それぞれの処方理由を相談者様が理解・納得されているのであれば、飲み続けられてもいいのではないでしょうか。

首のコルセットは付けっぱなしだと首を支える筋肉が衰えてしまいますので(廃用性萎縮といいます)、長時間の装用は望ましくないとされています。
例えば外出時だけでも装用できるようなコルセットを作ってもらえないかどうか、整形外科の主治医に相談されるべきでしょう。実際に小さな事故も起こされているわけですから、そのことを説明されて対策を考えてもらうべきです。

「病院の先生もお忙しくてなかなかお話ができ」ないのは確かなのですが、どの科の医師にも、お薬や処置に関してもう少しご要望を伝えられてもいいように思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問