JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

両方の、特に左の足の裏、指の下あたりが、すごく痛いです。 とこはありません。血液検査でも異常はありませんでした。

解決済みの質問:

両方の、特に左の足の裏、指の下あたりが、すごく痛いです。
とこはありません。血液検査でも異常はありませんでした。
ハイヒールは履いていません。症状はひと月ほどです。思い当たる原因も特にありません。今は整体で電気かけてもらってますが…
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

足の指の付け根が痛むのですか。どの指でしょう。
どの辺りかもっと詳しくお願いいたします。
また、おいくつでしょうか。
これと言って持病はありますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
51才です。特に中指のしたかな。硬いですがタコはありません。高血圧の薬を飲んでいます
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
これに関して整形外科にはかかられましたか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
かかりつけの整体で、テーピングや、湿布薬をもらっているので、整形外科には、同じような気がして、行っていません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
かかりつけの整体で、テーピングや、湿布薬をもらっているので、整形外科には、同じような気がして、行っていません。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】

 

 

こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

前回答者とのやりとり中にオプトアウトされたようですが、早計であったかもしれません。

私も、整形外科、それも脊椎脊髄専門医の受診をお勧めします。

 

整体と整形(外科)は全く異なるものであるとご理解下さい。前者は医業類似行為であり、診断を下すための検査等はできませんし、そのための知識も技術もありません。

相談者様の場合は、整形外科で、MRIを含めた検査を受けられるべき状態である可能性が高いと考えます。

 

足の痛む箇所にはタコもなく、外見上何の変化の無いにもかかわらず痛みが現れた場合、神経の圧迫による疼痛・痺れの可能性を考えなければなりません。

相談者様が痛みを感じられている部位は、内側足底神経という神経によって知覚が司られています。

http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/05/08/sokutei.jpg

 

足根管症候群という、くるぶしの周辺でこの神経の上流の神経(後脛骨神経)が圧迫される疾患で、相談者様が現在呈されているのと類似の症状が現れます。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201011/27/01/b0065101_105411.jpg

 

ただし、相談者様の場合は、両足の裏の痛みを感じられていますから、足根管症候群は否定的です。足根管症候群は通常、片足にだけ生じ、両足同時に起こることはほぼ皆無だからです。

よって、両足の裏の痛み・痺れがある場合、下肢に伸びる神経が2つに分かれる部分よりも上位、脊椎・脊髄のレベルの疾患がある可能性を考えなければなりません。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/kmiwashi/painoffoot.html

 

想定される疾患は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で、これは上述のようにMRI検査を受けてみなければ診断が付きません。

また脊髄やそこから伸びる神経根が圧迫を受けた結果として足裏の痛みが現れているのであれば、足裏に湿布を張ったりテーピングをしても効果は期待できません。

 

従って、整形外科を受診されることをお勧めいたします。

 

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問