JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14316
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

肘の痛みについてご相談いたします。私は、60歳女性です。7月4日雨の渓谷の岩場で滑り、肘を打ちました。ご存知かと思い

質問者の質問

肘の痛みについてご相談いたします。私は、60歳女性です。7月4日雨の渓谷の岩場で滑り、肘を打ちました。ご存知かと思いますが、濡れた岩場では一瞬のうちに転倒しますが、幸い10数Kのカメラザックを背負っていたお陰で頭を打つことなくちょうど脚を伸ばして座ったような姿勢で止まりました。このとき、右肘を突 きました。脳震盪でしょうか、しばらく頭のなかが白くなったような感覚がありました。外傷はありません。
この後1週間ほどは、普段は痛みはありませんが不意にほんの軽く患部を打つだけで飛び上がるような痛みがありました。痛みが走った後は患部が熱くなります。レントゲンでは骨折はないと言われました。
それからは打たなくても何かの動きでかすかに突っ張るような感覚があるときも痛みが走るようになり、1か月経った今も、かえってたいした動きがないときでも痛みが走り、しばらく患部が熱いです。当初よりかえって痛みを感じるケースが増えました。当初よりは痛みは軽減していますが。
そういえば、転倒後数日して皮膚下にどろどろした感覚を覚えたことが何度かありました。ちょうど血糊がべたべたするような感覚です。その後も、ときどき皮膚下にどろどろした感覚をおぼえることがありました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】

 

 

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

尺骨神経を損傷された可能性が高いと考えます。

尺骨神経は肘先を通る神経で、前腕の尺側(小指側)の間隔を司る神経です。机の角に肘をぶつけると腕全体に痺れが走ることがありますが、これは肘先の尺骨神経に対する衝撃のためです。

http://seitailabo.com/image/painfig/syakotusinkei.jpg

 

相談者様は転倒によって肘をつかれた、もしくはぶつけたということですから、その後の症状と考え合わせると、この神経に損傷が生じている可能性が高いと思われます。

 

レントゲンでは骨しか映りませんので、神経損傷は診断できません。

尺骨神経は末梢神経ですので時間経過とともに自然回復が期待できますが、痛みを軽減したり、回復を早めたりする治療は可能です。

神経内科の受診をお勧めいたします。

 

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧なへんとうをありがとうございます。神経内科医から、尺骨神経に損傷があれば、手指にしびれなどがあるはずだと聴きました。手指には全くしびれや痛みなどはありません。  当初は、軽く打つとき飛び上がるほど痛かったのが、(打つことを回避する癖がついたことはありますが)一週間後くらいから今は、腕の動きで患部に軽いつっぱり感があると痛み、それが何度か続くと患部が熱くなっています。このつっぱり感を起こすことが患部を悪化させている感じがあります。肘には、骨・神経のほかには軟骨などほかの組織もあるのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

もちろん、肘は関節(それも構造が複雑な関節)ですから、骨や神経以外にも、筋肉や腱、軟骨といった軟部組織があります。
相談者様の場合、もちろんそうした軟部組織の損傷を被られた可能性もあるとは思いますが、「ほんの軽く患部を打つだけで飛び上がるような痛み」があるという性状からはやはり神経性の疼痛を想定します。

尺骨神経が損傷したからと言って、必ずしも手指の痺れが生じるものではありませんが、診察された神経内科医は、それではどのような見立てをたてられているのでしょうか?

医療 についての関連する質問