JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2年ほど前から、たまに左脇の下のリンパ腺が腫れぼったい感じがして、打撲したあとのような痛みがありました。そのうち左の

解決済みの質問:

2年ほど前から、たまに左脇の下のリンパ腺が腫れぼったい感じがして、打撲したあとのような痛みがありました。そのうち左の乳房も痛くなるようになりました。生理の周期とは関係がなさそうです。去年の暮れあたりから痛みがほとんど慢性化したような感じになり、とくに夜中や明け方に刺すような痛みがあり、眠れません。6月ごろから、左 脇の腕の付け根の内側と、左脇の下の一番上の肋骨にひどい痛みが出るようになりました。いったん痛くなると、なかなか良くなりません。痛みが和らいでも、違和感や鈍痛がそのあたりに残っています。腕を上げると、左脇の下と胸が引きつる感じがあります。左手、左足にしびれもあります。

イギリスの病院(家庭医)では更年期障害といわれました。2年の間に、2度マンモグラフィ、3度スキャニングをしましたが、異常なし。日本で乳腺外科を受診しましたが、痛みは原因不明といわれました。

内臓の疾患から脇のしたが痛くなることがあるという記事をインターネットで見つけたので、こちらを疑うようになりました。ちなみに2月に受診した人間ドックでは食道裂孔ヘルニアが発見さ、すい臓のアミラーゼれました。肝臓に血管腫も発見されましたが、これは2004年にも肝臓の検査をしたときにも指摘され、たぶん生まれつきあるといわれました。また、アルコールはたしなむ程度しか飲まないのですが、何年も(10年以上)γーGTPが高い数値です。胃には沢山ポリープがあります。

脇の下の痛みは肝臓や他の内臓と関係がありそうでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

「内臓の疾患から脇のしたが痛くなることがある」というのは、放散痛もしくは関連痛と呼ばれる現象です。
人体に存在する神経は、枝分かれをして各所に伝わっているため、同じ神経束を源とする部位や、隣接する神経束の信号伝達を痛みが発生している場所と誤認することで起こります。よって、どの内臓の疾患でどこが痛くなってもおかしくない、というわけではなく、あるていど、この内臓の痛みではこの場所が痛くなる、という、解剖学的な範囲が決まっています。
よく知られている内臓疾患とその放散痛・関連痛の出現範囲は以下の図の通りです。
http://osteopathy-harmony.com/picture/a.jpg

胃の痛みが左の脇腹に放散することはよく知られていますが、相談者様のように脇の下~乳房という位置とは少し違っているように思われます。むしろそのあたりは心臓の放散痛が出現する部位として知られています。
そもそも放散痛が生じるのは、元の臓器に痛みが生じ、それを脳が他の部位の痛みであると誤って認知するためですから、痛みが発生しない肝臓の血管腫、肝機能障害は脇の下の痛みには関係が無いと考えます。

放散痛として考えるのであれば、心臓の検査を受けられることをお勧めいたします。

それでも異常所見が見つからない場合は、あまり気持ちがよいものではありませんが、原因不明の疼痛であることを受容して、ペインクリニックで相談をされてみることをお勧めいたします。
左脇の知覚は内側上腕皮神経という神経によって司られていますので、この神経のブロックや、神経因性疼痛のお薬によって除痛が得られるかもしれません。
また、脊椎のレベルでは、左脇下は第2胸髄神経の支配領域です。
http://ameblo.jp/sekipee/image-10770136379-10986617021.html
第1~3胸椎の椎間板ヘルニアなどでこの部位の痺れや痛みが現れる可能性もありますので、いちど整形外科で頸椎~胸椎のMRIを施行してもらった方がよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問