JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2年ほど前から、たまに左脇の下のリンパ腺が腫れぼったい感じがして、打撲したあとのような痛みがありました。そのうち左の

解決済みの質問:

2年ほど前から、たまに左脇の下のリンパ腺が腫れぼったい感じがして、打撲したあとのような痛みがありました。そのうち左の乳房も痛くなるようになりました。生理の周期とは関係がなさそうです。去年の暮れあたりから痛みがほとんど慢性化したような感じになり、とくに夜中や明け方に刺すような痛みがあり、眠れません。6月ごろから、左 脇の腕の付け根の内側と、左脇の下の一番上の肋骨にひどい痛みが出るようになりました。いったん痛くなると、なかなか良くなりません。痛みが和らいでも、違和感や鈍痛がそのあたりに残っています。腕を上げると、左脇の下と胸が引きつる感じがあります。左手、左足にしびれもあります。

イギリスの病院(家庭医)では更年期障害といわれました。2年の間に、2度マンモグラフィ、3度スキャニングをしましたが、異常なし。日本で乳腺外科を受診しましたが、痛みは原因不明といわれました。

内臓の疾患から脇のしたが痛くなることがあるという記事をインターネットで見つけたので、こちらを疑うようになりました。ちなみに2月に受診した人間ドックでは食道裂孔ヘルニアが発見さ、すい臓のアミラーゼれました。肝臓に血管腫も発見されましたが、これは2004年にも肝臓の検査をしたときにも指摘され、たぶん生まれつきあるといわれました。また、アルコールはたしなむ程度しか飲まないのですが、何年も(10年以上)γーGTPが高い数値です。胃には沢山ポリープがあります。

脇の下の痛みは肝臓や他の内臓と関係がありそうでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

「内臓の疾患から脇のしたが痛くなることがある」というのは、放散痛もしくは関連痛と呼ばれる現象です。
人体に存在する神経は、枝分かれをして各所に伝わっているため、同じ神経束を源とする部位や、隣接する神経束の信号伝達を痛みが発生している場所と誤認することで起こります。よって、どの内臓の疾患でどこが痛くなってもおかしくない、というわけではなく、あるていど、この内臓の痛みではこの場所が痛くなる、という、解剖学的な範囲が決まっています。
よく知られている内臓疾患とその放散痛・関連痛の出現範囲は以下の図の通りです。
http://osteopathy-harmony.com/picture/a.jpg

胃の痛みが左の脇腹に放散することはよく知られていますが、相談者様のように脇の下~乳房という位置とは少し違っているように思われます。むしろそのあたりは心臓の放散痛が出現する部位として知られています。
そもそも放散痛が生じるのは、元の臓器に痛みが生じ、それを脳が他の部位の痛みであると誤って認知するためですから、痛みが発生しない肝臓の血管腫、肝機能障害は脇の下の痛みには関係が無いと考えます。

放散痛として考えるのであれば、心臓の検査を受けられることをお勧めいたします。

それでも異常所見が見つからない場合は、あまり気持ちがよいものではありませんが、原因不明の疼痛であることを受容して、ペインクリニックで相談をされてみることをお勧めいたします。
左脇の知覚は内側上腕皮神経という神経によって司られていますので、この神経のブロックや、神経因性疼痛のお薬によって除痛が得られるかもしれません。
また、脊椎のレベルでは、左脇下は第2胸髄神経の支配領域です。
http://ameblo.jp/sekipee/image-10770136379-10986617021.html
第1~3胸椎の椎間板ヘルニアなどでこの部位の痺れや痛みが現れる可能性もありますので、いちど整形外科で頸椎~胸椎のMRIを施行してもらった方がよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問