JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

人と会話したり、電話で話したりル時、余り長い間、話すると、舌がまわらないのか、 口が段々小さくなって、上手く話すこ

解決済みの質問:

人と会話したり、電話で話したりル時、余り長い間、話すると、舌がまわらないのか、
口が段々小さくなって、上手く話すことができません。
クスリの飲み過ぎの副作用で口の乾き等で簡単におもっていましたが、最近は特に話し難くなってとても気になっています。 口腔外科に行っても満足な回答がえられないし、
近いうち、毎年行っている脳のMRI検査にいって聞いて見ようと思っています。
一年前まで、愕関節症をやっているのでその関係でしょうか。
声は出ています。横濱在住の73才女性
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「クスリの飲み過ぎの副作用」というのは、どのようなお薬の副作用でしょう? 持病と常用薬をすべて教えて下さい

②「上手く話すことができません」というのは、呂律の周りが悪くなるということでしょうか?

③今回ご相談の問題は、いつ頃から始まりましたか? だんだん進行しているようでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1,泌尿器科:尿漏れ、トイレ近し、エブランチルカブ、ウリトス


精神神経科: ルーラン デパス リスミー


  内科アランタSF錠 クりマーゲンOD リバロ ビオフェルミン マグミット


  泌尿器科の先生は喉が渇くので、トローチをだしてもらっています。


  


  最近3ヵ月前に腰の手術して、まだ治癒してないので、痛み止めとして、


 リマルモン メコバミド、 コバロキニンチニジン レバミビドを飲んでいま  す・これはは腰を落ち着けばそろそろ止めようと思っています。


 その他、適度にバイアスピリン 


 


2,呂律の周りがそんなに悪くかんじませんが、やはりそうなのえしょうか。


 


3, 今回の問題は、前からもありましたがが、最近は進行していうるように         感じます。今年一月にMRI検査では脳梗塞の注意されませんで、


バイアスピリンも無理にのまなくても、いいよといわれました。 


 


今飲んでいる薬はわたしには欠かせません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

精神神経科: ルーラン デパス リスミー

 

これはどのような病気に対して服用されているのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.
不眠症、精神不安症です
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「上手く話すことができ」ないことに関しては、いくつかの複合的な理由が考えられます。

まず、泌尿器科から処方されているウトリスは唾液分泌を抑制しますので、口の中が乾きやすくなり、話しづらくなります。

精神神経科から処方されているルーランには、呂律の回りを悪くする副作用があります。

また、精神科から処方されているデパス リスミーと、内科から処方されているクりマーゲンODは、全く同じ系統の精神安定剤ですから、この3剤を併用している意味はありません。内科から処方されているクりマーゲンODは、内科主治医、精神科主治医と相談された上で、中止される方向で考えられた方がよろしいかと存じます。
この3種類のお薬は全て、呂律の回りを悪くする方向に働きます。

また、リバロを服用されているとこから高脂血症をお持ちであると推察しますが、これは脳梗塞の原因のひとつである動脈硬化の危険因子です。小さな脳梗塞が起こった場合、そのために呂律の回りが悪くなることはあり得ます。

結論と申しましては、服用されているお薬の副作用として口渇や舌の回りの悪さが現れて「話しづらさ」が生じている可能性は高いと考えます。
「今飲んでいる薬はわたしには欠かせません」とのことですが、お歳を経るほどに肝臓の働きは低下するため、お薬を分解でできなくなり、次第に体に蓄積されやすくなって、以前には現れなかった副作用が出てくることもあります。

もう一つの可能性は上述の微笑脳梗塞です。
まず予定通りに脳神経外科を受診され、問題なしと判断されたら、内科・精神科の主治医と相談され、薬物整理を検討されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問