JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

48歳の専業主婦です。 かかりつけの内科医に乳がんの疑いがあるといわれ、 大学病院の乳腺外科で、検査を受けた結果

解決済みの質問:

48歳の専業主婦です。
かかりつけの内科医に乳がんの疑いがあるといわれ、
大学病院の乳腺外科で、検査を受けた結果2cm大の乳がんだと告知を受けました。
PET検査や、MRI検査の予定や手術の日程を坦々と決められました。
あれよあれよという間に、全ての段取りが設定され、
自分で意見を言うのさえはばかられる状態で 検査日が明日に迫っています。

かかりつけ医と専門医は、早期に手術を受け、
治療した方が再発の可能性も低く、転位の確率も低いといわれ、
これが最善の方法だと説明されました。

しかし、自分自身は頭の中で、手術を受けたほうが良いと理解しているつもりですが、
心の中は、時間が経てば経つほど、迷いが大きくなりこのまま医者の言うとおりに、
ことを進めていく気持ちにはなれません。

はっきり言って、どんなに有効な検査や手術でも受けたくないです。
他に良い方法がないか時間をかけて、自分が納得出来る結論を導き出すには、
どうしたら良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
かつては、大学病院でサイコオンコロジー(精神腫瘍学)を学び、他科の医師と協働してがん患者様の精神医学的問題の相談に乗っていました。

たしかに、がんの治療とは、いつのまにか患者様の手を離れて、医者によってすべての方針が決められてしまう傾向があります。
いくらインフォームドコンセントが浸透しても、「早期に手術を受け、治療した方が再発の可能性も低く、転位の確率も低い」と言われたら、医者が言うがままに手術を受ける以外の選択肢は無くなってしまいます。

相談者様も同じように感じられているのではないでしょうか。
ご自分の病気なのに、治療の中にご自分がおられないかのような。

2週間、すべてを保留にされてみることをお勧めします。
「他に良い方法がないか時間をかけて、自分が納得出来る結論を導き出す」ためには、時間が必要ですし、1~2週間あれば、それなりの結論は出ます。
手術が2週間か1ヶ月遅れたところで、がんが取り返しのつかないほど進行することはありません。

相談者様に必要なのは、時間だと思います。そしてその時間は、これはあくまで文章から受けた印象ですが、1~2週間ていどで十分でしょう。

相談者様のがんです。
仰る通り、納得したうえで治療を受けられるべきですし、その納得をえるための必要十分な時間は、意外と容易に、低リスクで手にすることができるものです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生、ご回答ありがとうございました。


先生の言われるとおり、期間を置いたほうが、心の準備が出来そうな気がしますが、進行が早い種類の癌みたいなので、1~2週間という期間で本当に心の整理がつかない時は、どうすればいいのでしょうか?  


 


心の整理がついたとしても、今の病院の予定は断るので、今後行き辛くなると思うので、別の病院で治療を受けたいと思うのですが、症状がわかっている今の病院が、やはり良いのでしょうか?


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず時間ですが、2週間というのはかなりの余裕を見積もった提案で、恐らくは相談者様は数日でご自分なりの結論を出されるでしょう。
仮に2週間が4週間になったところで、さほど大きな問題ではありません。「かかりつけの内科医に乳がんの疑いがあるといわれ、大学病院の乳腺外科」を受診されたということですが、何かの用事が入って大学病院の受診が2週間遅れになっていた可能性もあったでしょうが、だからといって相談者様の乳がんがとりかえしがつかないほどに進行していたわけではないはずです。
どんなに進行が早いといっても、がんというのは案外、じっくり考える時間がある病気なのです。
これが心筋梗塞や右足の複雑骨折だったらそうはいきません。そういう開き直りも重要です。

逆に、2週間かけて考えられてみて、それでも結論が出なかったら、主治医が提示した通りの治療を受ける、と最初に決めておくのも一手でしょう。
2週間分の進行は自己責任で受け入れていただかなければなりませんが。

今の病院の予定を断ったとしても、行き辛くなるとも思わないのですが(これは主治医のキャラクター次第ではありますが)。
実家のお母様が脳梗塞で倒れられて、急きょ介護をしなければならなくなった、というような説明をすると案外2週間程度の手術延期は受け入れられるものです。それは方便ではないでしょうか。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問