JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

ドーピング薬物について 私の勤務する診療所には、大学生の運動部員が風邪などの治療のため点滴を受けに来院することがよ

解決済みの質問:

ドーピング薬物について
私の勤務する診療所には、大学生の運動部員が風邪などの治療のため点滴を受けに来院することがよくあります。国際試合に出場する選手もいます。
点滴する側としては使用薬品がドーピング検査に違反しないかが心配です。
デカドロン注は大丈夫でしょうか?
糖質コルチコイドが禁止薬物に入るように思います。
ネオフィリンはどうでしょう?
禁止薬物であるとしたら、試合当日までどれくらい間隔を空ければ大丈夫でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
http://www.anti-doping.or.jp/downloads/prohabited_list/2011_ProhibitedList_JP.pdf

このサイトに詳しく載っていますね。
ご覧になりましたか。

確かに糖質コルチコイドはだめですね。
デカドロン注は、Dexamethasoneですが、入っていませんね。
ネオフィリンは、Aminophylline, Theophyllineとなりますが、これもないようです。

禁止薬物であったらどれくらい間隔を開ければいいかですがこれだけはそれぞれ違ってきますよ。
普通は一月も開いていれば大丈夫でしょうが。
質問者: 返答済み 4 年 前.
いつもありがとうございます。

アンチドーピングについて色々調べてみたのですが、上記ページと同じく「糖質コルチコイド」については具体的な薬品名がありませんでした。
ほかのカテゴリーで糖質コルチコイドの商品名を調べると以下のような記述がありました。
やはりデカドロンは禁止薬物に入るのではないでしょうか?


【代表的な糖質コルチコイド製剤の商品名】

プレドニン、プレドニゾロン、メドロール、コートリル、パラメゾン、デカドロン、デキサメタゾン、リンデロンなど
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
そうですね。

あなたのおっしゃるとおりでした。
確認しましたがデカドロン、そうですね。
禁止事項に入りますね。勉強させていただきました。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問