JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14366
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

29歳の息子のことで相談させて頂きます。 先日から耳鳴りがして難聴になっているようです。5~6年前に左耳が難聴にな

質問者の質問

29歳の息子のことで相談させて頂きます。
先日から耳鳴りがして難聴になっているようです。5~6年前に左耳が難聴になり、耳鼻科で診療を受けましたが、治療を継続しなかったため、現在は殆ど右耳で生活している状態です。
子供が生まれたり、証券会社へ転職したりといろいろ日常の ストレスが溜まり、最近右耳も変調をきたしているようです。子供の夜泣きや仕事ノルマのストレスで眠れなかったり、食欲がなかったりのようです。家内の知人が勤めている埼玉県志木市の江原耳鼻科に昨日、診察を受け、治療・投薬を開始したようですが今日、状態が悪く、聴こえにくくなっているようです。大学病院も紹介がないとすぐには見てもらえないということを云われました。右耳も難聴になり聴覚障害者となったらと思うと父親である私も仕事が手につきません。どうすればいいのかご指導願えれば幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】

 

 

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

ご心配は理解いたしますが、あまりにも情報が少なく、またその多くが間接情報ですので、詳細な回答は困難であることは予めご了承下さい。

このサイトでは患者様を直接診察できず、専門家は文字情報のやり取りによってしか回答の材料を得られません。適切にご質問いただけなければ適切に回答はできないことをご理解いただければと存じます。

 

発症状況から考えて、ご子息の難聴は突発性難聴である可能性が高いと考えます。

突発性難聴は、突然に難聴をきたす原因不明の疾患です。
典型的には、片方の耳が聞こえなくなり、耳鳴りもあり、めまいを伴うこともあります。

発症に先立つ精神的ストレスの関与も大きいとされています。

 

突発性難聴は、自然治癒もある疾患ですが、発症後約1ヶ月以内に難聴と耳鳴りが改善されない場合、それ以後は回復が思わしくない場合が多いので、できるだけ早期に治療を開始することが重要です。治療には循環改善薬やステロイド、抗ウイルス薬などが用いられます。

おそらくは5~6年前の左耳の難聴も突発性難聴で、これに対して十分な治療をお受けにならず、症状が固定してしまったのではないでしょうか。

 

今回の右耳については、相談者様が仰るように、大事に診てもらうべきでしょう。

総合病院クラスの病院の耳鼻科を受診されることを検討されるべきでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません。)。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お役にたちそうなサイトをみつけましたので紹介いたします。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/164

医療 についての関連する質問