JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左小指 薬指がしびれています HIV感染もありますか ほかに 症状は有りません 宜しくお願いします KI

解決済みの質問:

左小指 薬指がしびれています HIV感染もありますか
ほかに 症状は有りません
宜しくお願いします KI
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

指の痺れでHIVを懸念されるのは若干の飛躍があるように思われますが、 普段から、身体的不調をHIV感染と関連付けて考えられることがありますか?

HIV感染について、思い当たる節がおありでしょうか。

HIVの検査は受けられましたか?

私は相談者様の指の痺れは整形外科的問題である可能性が高いと考えますが、整形外科受診にはご抵抗がおありでしょうか。

持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
風俗を利用しゴムはつけました 検査はHIV B型肝炎C型肝炎その他すべて性病検査は最近2カ所で受けすべて陰性でしたが8月3日の
NAT検査の結果を待っています。

高血圧ユニシアLDと尿酸フェブリク錠20を飲んでいます

左手首に輪ゴムをつけたまま数日〜1週間気がつきませんでした
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

確かに、HIV感染者の35%で、遠位性対称性多発性神経障害、 炎症性脱髄性多発性神経障害、 多発性単神経炎、 自律神経障害といった末梢神経障害が認められます。

しかし症状の現れ方は、「手袋・靴下型」と呼ばれる四肢の末端の左右対称の痺れであって、相談者様のように、左手の小指と薬指に限定して痺れが現れるのはHIV感染による末梢神経障害としては典型的ではありません。

 

通常、小指と薬指の痺れの場合、疑われるのは尺骨神経という神経の障害です。

これは、肘の周囲で尺骨神経が圧迫される肘部管症候群が有名ですが、尺骨神経のさらに上流の頸椎で神経が圧迫を受けても同様の症状が起こります。

http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html

http://sibire.seesaa.net/article/53024756.html

 

相談者様の場合は、尺骨神経の下流、手首の位置で輪ゴムによって尺骨神経が圧迫されて指の痺れが生じたのかもしれません。

 

輪ゴムによる圧迫が原因ならば、時間が経てば自然に回復します。

NAT検査の結果が出るのを待たれて、陰性だった場合、その時点でまだ指の痺れがあれば整形外科を受診されるべきかと存じます。

 

HIV感染による神経障害である可能性は限りなく低いように思われます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問