JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

六十歳の男性です。尿意を感じると我慢が出来ません、我慢をしていると意識とは関係なく尿が流れでてきます 夜尿症も時々

解決済みの質問:

六十歳の男性です。尿意を感じると我慢が出来ません、我慢をしていると 意識とは関係なく尿が流れでてきます
夜尿症も時々してしまいます。7年位前からその兆候わありました、この頃とくにひどくなりました。
20年前に落下事故で頸椎を痛めて右足が膝から下24時間しびれていますので眠剤のハルシオン0.251錠毎日のんでいます。また血圧降下剤カジュエット4番オルメデック20フルイトラン2、バイアスピリン100を服用しています。体調は悪くはないですが、旅行は怖くていけません、薬を使わず自分で改善する方法ないでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】

こんばんは。猫山と申します。

「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」「夜間頻尿(夜間失禁)」といった症状が揃っていますから、診断としては過活動性膀胱(OAB)である可能性が考えます。
また、前立腺肥大の可能性も考えなければなりません。

【過活動膀胱(OAB)とは?】
http://www.hainyou.com/w/oab/index.html

OABは1つの病気の名前ではなく、こうした症状を起こす疾患の総称です。
相談者様の場合は頸椎を痛められた既往があり、下肢の痺れも伴っているとのことですから、神経因性過活動膀胱と呼ばれる病態である可能性が高いでしょう。

下記のサイトから、過活動膀胱の治療を行っている医療機関が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、総合的な診療を受けられる可能性が高いと考えます。


【~過活動膀胱[OAB]解決サイト~ 相談できる病院検索】

http://standard.navitime.biz/oab-info/Index.act


ただし、OABの場合、治療は薬物療法中心になりますし、前立腺肥大でもまず薬物療法、ついで手術療法が適応となります。
まずは専門医で診断を受けられ、治療法についてよく相談されることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

少しでも改善される様な自分で出来る方法が知りたかった。


もうこれ以上薬は飲みたたくない。


かかりつけの医者はとにかく薬を多用する先生なので。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
お薬を飲まれたくないのであれば、治療を受けることができないのが現代の医療の現実です。

前立腺肥大をまず念頭に置かれて、泌尿器科で検査を受けられてみてはいかがでしょうか。
前立腺がんを除外するために血液検査でPSAという項目も測定されると思います。

前立腺肥大であれば、経尿道的前立腺切除術で治療が可能かもしれません。
前立腺がんであればホルモン治療が行われるでしょう。

ここは医療カテゴリですので、医療行為以外の民間療法じみた対処法についてはご相談に乗ることができません。

「薬を使わず自分で改善する方法」という魔法を希望されて、それが存在しないと説明してマイナス評価を付けられるのは不本意です。
服用されたくないのであれば、ハルシオンもカジュエットもオルメデックもフルイトランもバイアスピリンもお止めになられるのも一つの選択肢ではないでしょうか。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問