JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。 膠原病(全身性エリトマトーデス)について質問させてください。 私は、ほほの赤みが気になり、皮膚科を受診しました。 この赤みは6~7年前に一度別の皮膚科で「酒

解決済みの質問:

こんにちは。
膠原病(全身性エリトマトーデス)について質問させてください。

私は、ほほの赤みが気になり、皮膚科を受診しました。
この赤みは6~7年前に一度別の皮膚科で「酒さだね。」と診断され、抗生物質のような薬を処方 されたのですが少し気分が悪くなったので飲むのを辞めてしまいました。
(このときは、頬の赤みの事で受診したのではなかったのですが、私の顔の赤みを見て先生がそれは酒さだね~と気軽な感じでおっしゃったので、正直ただの皮膚のトラブルだろうくらいに考えてその後はほっておいたのです。)

そして今回、やはり赤みを治したいと思い受診した皮膚科で、膠原病(全身性エリトマトーデス)の可能性があるから血液検査をしましょうと言われ検査を受けました。
結果は
リウマトイド因子 2u/ml(基準値14以下)
CH50  27.9(28.0~48.0)
ANA(FA) 40倍(40倍未満)
血算  基準値内

というものでした。

皮膚科の先生がおっしゃるには、CH50とANAの数値が重要で、私の場合は見ていただくとわかるようにものすごくギリギリのところでセーフというかアウトというか....、という数値になっております。

ここで、皮膚科の先生は半年くらい経過 をみましょうとおっしゃったのですが
私としては経過をみる!?といった感じなのです。
6,7年前に顔の赤みが出始めてから、特にこれといった身体的な症状もなく経過しているわけで、難病かもしれないと言われ数値はなんだか微妙なライン...。このまま、顔の赤みも膠原病かもしれないものもほっておくの??と言った感じなのです。

とりあえず、専門の病院で検査を受けるとかしなくても良いのでしょうか。
皮膚科の先生の対応もあやふやというか、なんだかハッキリしないもので非常に不安ばかりが残っています。

アドバイスをよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。 猫山と申します。神経内科医です。

専門医を受診されて精査を受けられるべきかと存じます。
SLEは、皮膚以外にも、神経や内臓、筋肉、間接等にも病変が及ぶ全身性の疾患です(SLE:全身性エリテマトーデスという病名の由来です)。

自覚されている蝶形紅斑様の皮膚症状以外にも、症状が現れてくる可能性も否定できませんので、専門医(総合病院のリウマチ内科か膠原病内科)を受診されて全身の精査を受けられるとともに、経過経過を行うにしても、軸足は皮膚科ではなく専門医におかれておくべきであろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問