JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

70歳男性。間質性肺炎があり、肺がんが見つかりました(PET、転移は見つかっていません)。2cm程の癌で、肺の1/4

質問者の質問

70歳男性。間質性肺炎があり、肺がんが見つかりました(PET、転移は見つかっていません)。2cm程の癌で、肺の1/4を切除ということですが、術中など片肺で呼吸することで間質性肺炎に悪影響が出るかもしれないということですが、負担が少なくなる手術方法はありますか。肺癌の手術の名医(大阪)を教えて欲しいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  phns-rc 返答済み 5 年 前.

急に肺がんが見つかられたとのことで、たいそう驚き、動揺もされているでしょうね。

下記は、情報リクエスト、といって、より詳しいご要望をお伺いするためのものです。

回答、ではありませんので、料金も発生いたしません。ですので安心して

読み進めてください。

 

まず、ご質問の内容にあります”肺がんの手術の名医”という部分に関してですが、

特定の先生のご紹介や、名医としての保証はjustanswerでは行っておりません。

ご期待にそえず大変申し訳ございません。

ただ、紹介されている以外の治療法を行っているところ、ということでしたら

一般的な範囲内でのご紹介は可能です。(ただしこちらも、名医・良医を保証できるものではありません。)

 

しかし、上記をご了承いただけます場合は、下記ご質問についてお知らせください。

よりご要望・状況に近い、ご提案をさせていただけたらと存じます。

・腫瘍マーカーとステージ等については、ご説明を受けられていますか?ご説明を受けられていたらもう少し詳細を教えて頂けますか?(おそらく、ステージ1と思われますが)

・上記以外の持病等はお持ちではありませんか?

・先進医療と呼ばれる保険適応外の治療はお考えでしょうか?

特定の医師のご紹介ができない、ということで、今回ご質問のキャンセルをご希望される場合にはお知らせください。

ご返金の手続きをさせていただきます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

持病はありません。ステージⅠ(Ⅱ(リンパ節への転移の可能性もある)です。


(脳?)腫瘍マーカーはCEA(15.6)。保険適用外も考えています。


 


今回、大きさが2cmを超えるので、区域切除でなく葉切除だそうですが、妥当ですか?再発を防ぐための手立て、例えばQOLについて、御指導ください。

専門家:  phns-rc 返答済み 4 年 前.

こんばんは。お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

治療法についてのご紹介だけならできるかと思ったのですが、

現在の治療の妥当性に疑問を持たれているとのことでしたら、

医師の先生からお答えさせていただいた方が良いかと存じます。

大変申し訳ありませんが、私では力不足かと存じますので

オプトアウトさせて頂きます。ご了承ください。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめま して。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへんですね。
確かに手術ともうしますと、どのような小さなものでもお体に負担になります。
ましては肺がんの手術をあなたの肺の病気を抱えた状態で行うというのは心配です。

さて、提案をさせてただきます。
私はこれをアメリカから書かせていただいていますが、アメリカのガン治療はご存知のように進んでいますよね。
ひと昔からこちらで行っていて日本でも最近始めるようになった治療で効果的なものが、陽子線治療です。
今月のはじめにガンの治療で世界的に有名なMDアンダーソンというガンセンターを訪ねました。
陽子線治療センターも訪問しましたが、デンマーク在住の小さなお子さんが脳腫瘍の治療に見えていました。陽子線治療は、前立腺がんを始め、肺がんや脳腫瘍まで、特定の基準はありますが転移がなく初期の小さなものであれば、適応します。
これは従来の放射線治療とは違って、健康な肺組織を痛めることなく、ほんとうに悪い部分だけに焦点をあてることのできる治療法でかなりの精度を持って治療可能です。

あなたのように肺に問題があり、呼吸機能のお悪い方には、負担にならないように一回の照射線量を落としてゆっくり照射をします。

治療期間はほぼ毎日で、一日に前後の作業も含めて1時間ほどです。
そして2ヶ月もみていれば大丈夫。
お近くに宿を取られ、センターに通うことになりますがその他の時間は原則として自由です。

あなたの場合はまだ小さい腺がんだそうですね。
腺がんは非小細胞肺がんの一つですので、適応になる可能性があるのではないでしょうか。
ぜひご相談ください。

http://www.southerntohoku-proton.com/indication/case-lung.html

このURLをコピーされて検索されてください。
日本のあちこちに最近はセンターができているようです。
お金はかかるかもしれませんが、あなたにとってはとてもいいオプションでしょう。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされないでそのまま返信機能を使って質問して下さいね。

医療 についての関連する質問