JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

肩、背中が急にこって、そのうち手足から、力が抜けていくようになって、手足の先が白くなってくる。胸苦しくなって、脈と血

質問者の質問

肩、背中が急にこって、そのうち手足から、力が抜けていくようになって、手足の先が白くなってくる。胸苦しくなって、脈と血圧が高くなる。起きているのがつらい。これを毎日と言っていいくらい起きる。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①点滴をされているということは、ご記載の状態を呈した際、病院に行かれているということだと理解しますが、何科にかかられていますか?

②病院ではどのように診断されているのでしょうか。

③「ビニール袋で息を吸ったり吐いたり」すると症状は改善しますか?

④この症状はいつ頃から起こり始めたのでしょう?

⑤持病や常用薬があったら教えて下さい。

⑥この質問を投稿されているのは76歳の女性ご本人でしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
点滴は二回のみ。処方されている薬は(朝昼夕1錠)ワイパックスです。発症しても、一人住まいなので、そのたびには、受診しません。午前中のほうがしんどいです。あまり辛いと妹に来てもらったりします。どちらかといえば、夕方のほうが体が楽になります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

質問は本人です。症状は今年三月からです。点滴は最初の頃の二回だけです。その後は、開業医の方に見てもらっています。処方されている薬は、ワイパックス一日三回です。ワイパックスは車の運転がだめとのことで、外出(病院など)もできないです。今一人住まい(主人は脳梗塞で施設で療養中)少しひどく不安なときは、妹を呼んで付き添ってもらいます。その他の持病は特にありません。軽い食道炎の薬を飲んでいます。以上よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

質問は本人です。症状は今年三月からです。点滴は最初の頃の二回だけです。その後は、開業医の方に見てもらっています。処方されている薬は、ワイパックス一日三回です。ワイパックスは車の運転がだめとのことで、外出(病院など)もできないです。今一人住まい(主人は脳梗塞で施設で療養中)少しひどく不安なときは、妹を呼んで付き添ってもらいます。その他の持病は特にありません。軽い食道炎の薬を飲んでいます。以上よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様が起こされているのは、いわゆるパニック発作(不安発作)である可能性が高いように思われます。
パニック発作はいろいろな精神科疾患に随伴して起こりますが、「午前中のほうがしんどく、夕方のほうが体が楽になる」という症状の変動は、日内変動と言って、うつ病でしばしば認められる傾向です。

「発作」の頻度も連日とのことですから、このままでは二次的・三次的に問題が生じてくる可能性がございます。
ワイパックスは精神安定剤ですから、処方している開業医の先生も相談者様の問題が精神科的なものであるという認識はされているのだと思います。ただ、ワイパックスによって症状の改善は得られていないようですから、専門医による治療が必要な状態であると考えます。

その開業医の先生に紹介状を書いていただき、心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

*********************************************************
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)におけるパニック発作の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

強い恐怖または不快を感じるはっきり他と区別ができる期間で、そのとき、以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が突然に発現し、10分以内にその頂点に達する。
 (1) 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
 (2) 発汗
 (3) 身震いまたは震え
 (4) 息切れ感または息苦しさ
 (5) 窒息感
 (6) 胸痛または胸部の不快感
 (7) 嘔気または腹部の不快感
 (8) めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
 (9) 現実感消失(現実でない感じ)または離人症状(自分自身から離れている)
 (10) コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
 (11) 死ぬことに対する恐怖
 (12) 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
 (13) 冷感または熱感
猫山司をはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
忙しい中、ご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり、申し訳ございません。この病気は、完治することがありますか。本日は意外に体調はそれほど悪くありませんでした。やはり原因が少々でも理解したせいかと、思います。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 5 年 前.
忙しい中、ご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり、申し訳ございません。この病気は、完治することがありますか。本日は意外に体調はそれほど悪くありませんでした。やはり原因が少々でも理解したせいかと、思います。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

適切な治療を受ければ治る病気です。
ご快癒を祈念しております。

医療 についての関連する質問