JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。骨粗鬆症のレントゲンを撮ッた所、左股関節脱臼が有ると言われました。6月にシャワーで滑りその後痛くて

質問者の質問

お世話になります。骨粗鬆症のレントゲンを撮ッた所、左股関節脱臼が有ると言われました。6月にシャワーで滑りその後痛くて 歩行困難だったのを覚えていますが、今現在は歩行など大丈夫ですが、ちょっとした足の向きで 痛い違和感があります。それにとて左足だけ疲れを感じる時があります。質問は そんなに酷くはないと思いますが、専門医に観ていただいた方が良いでしょうか?それか自分でどの様な事を気おつければ良いかを教えて頂ければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

それは当然専門医に診てもらった方がいいですね。
骨粗鬆症のレントゲン検査は整形外科で受けられたのではないかと考えますが、そこでは「左股関節脱臼が有る」と言われただけで、脱臼の整復の必要性の説明や、日常動作の注意点などはアドバイスがなかったのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
レントゲンのレポートが主治医にとどき
質問者: 返答済み 5 年 前.

レントゲンのレポートが主治医にとどき,その結果を知らせて頂いた時に聞きました。その時は股関節脱臼なんてした覚えがないと思っていましたので。専門医に診て頂いた方が良いのなら Drに行ってきます。私の質問は酷くならない様な日常の気おつけることが分ればと思い御願いしました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

レントゲン写真を拝見していないので推測になりますが、おそらく相談者様の「股関節脱臼」は完全脱臼ではなく、亜脱臼なのだと思われます。そうでなければ歩行もできず、レントゲン写真を見るまでもなる診断が付くであろうと思われるからです。
これを「亜脱性股関節症」といいます。

股関節は骨盤側に臼蓋というお椀を斜めに伏せたような窪みがあり、その窪みに大腿骨の一番上の大腿骨頭という球状の部分がはまり込んでいます。
亜脱性股関節症の方は、ほとんどが、先天的にこの臼蓋が小さい、「臼蓋形成不全」があり、そのために関節に負担がかかりやすい状態が起こります。

現時点で自覚症状(痛い違和感)がおありのようですから、専門医にかかられるまではできるだけ安静を保たれるのが対処ということになります。
体重が高めの場合は、減量が奏効することもあります。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問