JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お忙しいところをお尋ねしたいと思います。私の足といいますか、アキレス腱だと思いますが、以前から運動、特にダンス、

解決済みの質問:

お忙しいところをお尋ねしたいと思います。 私の足といいますか、アキレス腱だと思います が、以前から運動、特にダンス、体操などで左足に重心をかけるといいますか、左足でのつま先立ちをしますと、左足のかかとの部分(アキレス腱かは不明です)がピシッと打たれた(?)ような感じがします。 痛みや腫れはないのですが、常に、左足でのつま先立ち状態でおこります。(アキレス腱が伸びている状態ではなく、縮んでいる状態) 念入りにストレッチなどはしておりますが、もし、アキレス腱が切断したら・・と考えますと、怖い思いがします。 以上のことから、下記の点につきまして、お尋ねしたいと思います。 ・これはどういう状態なのでしょうか ・アキレス腱の断裂というのは、伸びている状態と、縮んでいる状態のどちらに起こるのでしょうか ・この問題で病院にかかることが生じた場合は、整形外科でよろしいでしょうか  お忙しいとは思いますが、ご回答をいただけたらと思います。  宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

順番は前後させて回答させていただきます。

> ・この問題で病院にかかることが生じた場合は、整形外科でよろしいでしょうか
これは整形外科がよろしいでしょう。

> ・アキレス腱の断裂というのは、伸びている状態と、縮んでいる状態のどちらに起こるのでしょうか
単純に申し上げれば、アキレス腱自体のポジションが普段より伸びているか縮んでいるかではなく、アキレス腱(につながる筋肉)が「収縮」した状態で断裂が起こります。
収縮には等尺性収縮、等張性収縮、等速性収縮があり、その度の場合でも断裂が起こりえます。

【筋の収縮様式】
http://www.geocities.jp/symz1127/kin-syusyuku.html

> ・これはどういう状態なのでしょうか
これは少し補足情報を下さい。
「左足のかかとの部分(アキレス腱かは不明です)がピシッと打たれた(?)ような感じ」がするようになったのはいつからですか?
平素はアキレス腱に疼痛等はないのでしょうか。

この2点につき、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山 先生


 


ご丁寧なご回答をありがとうございます。(筋肉の収縮様式につきましてもリンクしていただき有難うございます)


 


足の状態が、このようになったのは、私が高校生の頃からです。


その頃は体操をしておりまして、つま先立ちは常にしておりました。


左足に重心をかけてターンをする・・これは必ず、つま先立ちになります。


ただ、痛みや腫れはありませんでした。


(中学生の頃は、新体操をしておりましたが、その時は症状がなかったように思います。)


体操関係は、常に、つま先立ちになりますので、負担はかかっていたと思います。


成人してからは、ダンスなどをしましたが、つま先立ちをしない限りは、症状がでることはありませんでした。


ただ、バレェになりますと、やはり、つま先立ちが多くなりますので、症状が出ます。


症状といいますのも、明白に言えませんが、例えて言えば、「ピシッ」とムチで打たれたようなとでもいうのでしょうか。痛みは伴わないのですが・・。


これは、片足の時と両足の時にでます。


急に、つま先立ちになる時と、ゆっくり、つま先立ちになるときとでは、どちらかといえば、「急に」のほうが多いように思えますが、最終的には、どちらも症状がでます。


普段の生活においては出ませんから、運動時の時のみの 瞬間的に大きな負荷がかかる状態の時だと思います。


 


10代の頃からですから、老化によるものとは思えませんが、やはり、「つま先立ち」が多かったからでしょうか。


 


あと、場所なのですが、踵といいますか、足首(の後ろの)の細いところではなく、むしろ、その下辺りのように思えます。


ですから、足首辺りではなく、踵辺りになるわけですが、アキレス腱といいますのは、踵も含まれるということでよろしいでしょうか。


 


そして、もしかしたら、断裂するリスクがあるということなのでしょうか。


こういう症状は、よくあることといいますか、負荷がかかれば、有り得るということなのでしょうか。


 


以上ですが、補足として付け加えさせていただきます。


ご参考になりましたでしょうか。


お忙しいところをお手数をお掛け致します。


宜しくお願い致します。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

色々と考えてみましたが、診断じみた病名なり傷病名には思い至りませんでした。

「ピシッと打たれた(?)ような感じ」がする部位は、ご記載からは、アキレス腱の踵骨への付着部、もしくはその前後にあって骨と腱の摩擦を軽減するアキレス腱滑液包だとの予測は付きます。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/12shoukotu02.gif
ただ、これらの部位が炎症を起こして治療対象になることはあっても、相談者様が感じられているような感覚を主訴に医療機関を受診される方はおられないのだと思います。

アキレス腱付着部炎やアキレス腱滑液包炎が起きていた場合は、アキレス腱、足首関節が酷使されていることを意味しますから、アキレス腱断裂も含めた随伴・続発症を懸念して安静指示の上で治療がなされます。
しかし相談者様の場合は平素の痛みも無いようですし、かなり以前からこの感覚が起こり、その後も問題は生じていません。

よって、あまり病的意義は無く、関節が鳴りやすい人、のような、個人差の範囲に収まる現象なのではないかと愚考いたします。
ストレッチ等のケアも行われているようですし、アキレス腱断裂等のリスクを深刻に懸念するには及ばないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しい中を、丁寧にご回答くださいまして有難うございました。


大変、参考になりましたことと、勉強になりました。


有難うございました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

バレェやダンス、頑張ってください。

医療 についての関連する質問