JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在58才の男性です。手足のじりじり感や疲労感・倦怠感に悩いど意まされています。 もう6年前くらいからになりまが、

解決済みの質問:

現在58才の男性です。手足のじりじり感や疲労感・倦怠感に悩いど意まされています。
もう6年前くらいからになりまが、最初は足の裏の痛みから始まりました。何 もしないときは、症状はありませんでしたが、チョっとばかし歩いたりジット立っていると足の裏が(子供のころ遠足が終わった日の夜に足の裏がジンジンする感じ)ジンジン痛くなり始めたのが症状の始まりでした。
その他、時々あちこちの関節に痛みを感じたり、また感じなくなくなったりしていました。やがて、あしの裏のひどい痛みはやがて軽減していきましたがその後、大きなストレスがかかることが何年か続きまして、そのあたりからひどいストレスの後には、体の筋肉がギューットちじまるようなとても不快な感覚になるようになりました。また、体の中にとても思い鉛でも突然生じたような、感覚がありました。その後、ストレスから離れる生活もできないまま
現在にいたっています。前述の感覚はしだいに、時間とともにやや薄れてはいますが、ひどいストレスがかかると似ような症状が再現されるようです。
この間、循環器系、神経内科(ここは現在も通院中です)で受診しましたが特別、血液検査ほか疾患は発見されませんでした。(リューマチ、筋肉にかんする様々な疾患・・いわゆる難病)。
その後睡眠中も疲労感も多くなり、朝起きても疲労感があり、やがて時間とともに手足のじりじり感やら疲労感が全体に広がっていきます。なお、体を動かないでジットしているほうが症状は強いです。逆に体を動かしているときの方が症状も軽くなるようです。オフロに入って血流が良くなるせいなのか(?)症状も軽くなります。

ちなみに、既往症として
頚椎には若干のヘルニアがあります。また腰椎は年齢相応の変形があり坐骨神経の症状があります。
以前、不安症になりかけたため抗不安剤(メデポリン)を寝る前に1.5錠服用してから寝ています。
(飲まないと夢ばかりみて熟睡できません。その場合、夢の他、体がこわばってくるような疲労感で寝ていることができなくなります。)
また、疲労感の原因が無呼吸から来ているかも知れないと知人からのアドバイスをもらい専門医に受診しましたが、軽い無呼吸症候群とのことでした。日中、不意に睡眠に陥るひどい症状はありません
また、手足のジリジリ感がひどい時に抗不安剤(服用すると、体から緊張感が緩和するようで症状も楽になります。

以上、気がつく範囲内で書いてみましたがよろしくお願いいたします。

いろいろ症状があって、心身も疲れてきてしまします。よろしく
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①メデポリンを服用されているとのことですが、精神科や心療内科を受診されたことはないのでしょうか。

②差し支えなければ相談者様のご職業を教えて下さい。

③「睡眠中も疲労感も多くなり」とのことですが、これは夜間あまり眠れていないということでしょうか?

④食欲はありますか? 鉱物ならば美味しいと感じられるでしょうか。

⑤仕事の能率は以前と変わっていませんか?

⑥趣味や、ご家族・ご友人との会話などは楽しめますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①の質問


 メデポリンは、現在通院している神経内科の処方です。以前にうつ症状があり心療内科(別の病院です。かれこれ6年前以上には飲んでいません)でうつ病の薬を服用していた時期もありますが、現在はうつ症状もなく、欝にかんする薬は飲んでいません。



②のい質問 地方公務員です。



③の質問


  昨年の4月位にいろんなことで不安(いてもたってもいられない)を感じま


  して現在通院中の神経内科の先生に処方してもらいました。それ以来、  


  不安は弱まり寝つきもよくなりました。その後、しばらくは、相談いたしま 


  したダルさ等も次第に弱くなり、喜んでいましたが、その後色々ストレ


  スにさらされているうちに、再びダルさも再発し、また睡眠の方も、夜中


  に息苦しいやらダルイやらで目を覚ましてしまう状態となりました。その


  際に無呼吸の専門医にも今年の2月くらいに行き、診察を受け軽度の


  無呼吸症候群との診察をうけました。(結果から思うにこの無呼吸は疲


  労の一原因にはなっても私の全般的な症状を説明できなかったな~と


  個人的には思っています)。それ依頼,寝る前に服用しているメデポリン


  を以前は1錠だったものを1.5錠に増やしたところ、まあまあ~朝まで眠


  れるようになりました。でも、疲労感を朝感じる場合も多々あります。 



④の質問


 食欲はあります。好物も特段変化はありません。



⑤の質問


 日中の疲労感のため、億劫だな~というのが多く感じます。能率はやはり若干落ちていると思います。なにより、残業というはつらいです。



⑥の質問


  疲労感が軽度の場合は会話を楽しむことは問題ありませんが、家に帰ってから横になってごろごろしていたり、眠ってしまうために家内からは不評のようですね。



⑦その他


  これは自分の精神的な状態ですが、本当に体が倦怠感に襲われているときは、自分の人生には残り少ないような想いが湧いてきて、気持ちが悲観的になってしまいます。このつらさはなかなか判ってもらえないようですね。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

結論から申し上げると、相談者様は現在、うつ病を再発されている可能性が高いと考えます。
「現在はうつ症状もなく」とのことですが、ご記載を拝読した限りでも多くのうつ症状が見て取れます。

初めの訴えである「逆に体を動かしているときの方が症状も軽くなる手足のじりじり感」がまずうつ病の症状です。
うつ病というと気持ちが落ち込んだり意欲が無くなったり、といった症状を思い浮かべられるかもしれませんが(そういう症状も現れていますよね:「自分の人生には残り少ないような想いが湧いてきて、気持ちが悲観的になってしまいます」)、焦燥感や衝動性が前面に出る激越型のうつ病という病型があるのです。
http://utu.kisokiso.info/120/post-9.html
うつ病に占める割合は決して少なくはなくありません。

また、うつ病は種々の身体症状を伴う疾患でもあります。相談者様が感じられている多くの症状が、うつ病として説明がつくものです。

【うつ病に伴う身体症状】
http://www.mental-navi.net/utsu/rikai/shojo2.html

メデポリンが効くこともまた、相談者様の問題が精神科的なものであることの間接的な証拠でしょうが、メデポリンはその時その時は効果を発揮するかもしれませんが、うつ病に対しては対症療法、その場しのぎにしかなりえません。
また、メデポリンを含むベンゾジアゼピン系抗不安薬は強い依存性を有しており、神経内科からメデポリンだけを処方してもらっている現在の対処にはこの面からの危険性も孕んでいます。
この「ベンゾジアゼピン依存」の問題は昨今では一般マスコミでも取り上げられ、社会問題になりつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害:読売新聞】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

この意味からも、抗うつ薬を中心とした適切な薬物療法を受けられるために心療内科を受診されるべきでしょう。「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われましたが、昨今ではうつ病は、再発を繰り返しやすい慢性疾患であると見做されるようになっています。
6年間を経て、ストレスが課されたことによる再発は決して珍しいものではありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。


いくつか、確認したい点があり再メールいたします。


現在、神経内科(最初,脳や筋肉に関する神経の疾患と思い受診したのがはじまりです。)での”うつ病”の診断はされないところを考えると、私の治療は、そもそも行き先が違っていたということらしいですね。私の場合、対応する症状から見ると身体症状が主に該当しているように思われます。精神的には”鬱”な感じはあまりないため、再発とは思っていませんでした。ただ、肉体的な症状が酷くなるにつれ、精神的にまいってきているのが感じられます(明るい未来を想像できません)。


近い内に、心療内科を受診しようと思います。以前通院していた心療内科ではかなり沢山の薬を飲んでいました。(今思うと本当にあんなに必要だったのかな?・・と疑問に思います)。改めて、心療内科を選ぶ場合の基準があればアドバイスをお願いしたいのです が、いかがなものでしょうか?私のこの症状も随分長い間、原因不明でいわゆるジプシーのように色んな病院を彷徨ってきたのが実感です。なんとかこんなジプシー生活も終止符を打ちたく思っています。私は札幌に在住していますが、改めて自分に合った診療内科を選択する場合、何を基準に選択すればよろしいかアドバイス願えればと思います。また、この疾患に関する最新の治療可能な専門医とか、具体的にこの病院ならば・・・とか(これは難しいですか?可能ならばで結構です)


 


また、最後になりますが他の原因によることも考えられるでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。


いくつか、確認したい点があり再メールいたします。


現在、神経内科(最初,脳や筋肉に関する神経の疾患と思い受診したのがはじまりです。)での”うつ病”の診断はされないところを考えると、私の治療は、そもそも行き先が違っていたということらしいですね。私の場合、対応する症状から見ると身体症状が主に該当しているように思われます。精神的には”鬱”な感じはあまりないため、再発とは思っていませんでした。ただ、肉体的な症状が酷くなるにつれ、精神的にまいってきているのが感じられます(明るい未来を想像できません)。


近い内に、心療内科を受診しようと思います。以前通院していた心療内科ではかなり沢山の薬を飲んでいました。(今思うと本当にあんなに必要だったのかな?・・と疑問に思います)。改めて、心療内科を選ぶ場合の基準があればアドバイスをお願いしたいのですが、いかがなものでしょ うか?私のこの症状も随分長い間、原因不明でいわゆるジプシーのように色んな病院を彷徨ってきたのが実感です。なんとかこんなジプシー生活も終止符を打ちたく思っています。私は札幌に在住していますが、改めて自分に合った診療内科を選択する場合、何を基準に選択すればよろしいかアドバイス願えればと思います。また、この疾患に関する最新の治療可能な専門医とか、具体的にこの病院ならば・・・とか(これは難しいですか?可能ならばで結構です)


 


また、最後になりますが他の原因によることも考えられるでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

うつ病では身体症状がしばしば前面に出ます。ただ、進行すると精神症状も表面化しますので、病状が進むほど診断は確実になります。

精神科薬物療法における多剤併用の問題は、昨今は一般マスコミでも取り上げられ、社会問題になりつつあります。

一度に500錠服用で死亡も・・・向精神薬大量処方の問題TBSの「報道特集」
http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20120428_2_1.html#

【頻発する患者の死(2)「わがままな子」の治療:読売新聞】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53356


日本の精神科医の8割はヤブだと思っていただいて間違いありません。実際、このような調査結果もあります。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】

したがって、やけにお薬の数が増える、症状が良くならない、と思われたら、3~6か月で病院を変えるのは、精神科/心療内科選びにおいては正解です。
現在の精神科の治療は良くも悪くも薬物療法中心になっていますので、安易に多剤を出さない医師ほど信頼できると考えていただいて間違いがないと思います。

JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問