JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中
医療

夫が会社の健康診断で、右肺上肺野腫瘤影が認められるので、精密検査を受けるように言われました。去年は異常が認められず、

前々回は左下肺野無気肺と書かれていましたが、その時は再検査などとは言われませんでした。自覚症状はなく、血痰もありません。
癌を疑った方が良いのでしょうか。。。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
医療 に関する質問をする
返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

レントゲン検査で腫瘤が認められたのだと理解します。

腫瘤=が癌ではけっしてありませんが、そのレントゲン写真を拝見していないので何とも判断しかねるところがあります。

腫瘤の大きさや形はわからないでしょうか? 特に、腫瘤の縁がギザギザか、きれいに真ん丸なのかが分かると悪性の可能性が高いか低いかくらいは申し上げられるのですが。

質問者の返答 返答済み 5 年 前.

レントゲン写真はまだ持っていません。


紹介状とともに渡されると思います。

猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

そういうことであれば、健康診断の胸部レントゲン撮影で「要精密検査」という通知をもらった方が、実際に肺がんである確率はどれくらいなのか、67,315人という多数症例を対象に調査した研究報告がございますので、その結果を説明して回答に変えさせていただきます。

答は2%です。

健康診断で胸部レントゲン撮影を受けると8.9%が肺がんと疑われ、精密検査によってそのうちの3.4%が肺がんの疑いが濃厚となって更なる精密検査へと進み、61%が肺がんであったと いう結果でした。

つまり、健康診断の胸部レントゲン撮影で要精密検査となっても、実際に肺がんである確率は 3.4%X0.61=2.0%であるということです。

したがいまして、ご主人に関しましては、2%の確率で肺がんが疑われる、ということになります。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問