JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左耳に閉塞感があり、現在耳鼻科に通院中です。めまいもあったのですが、現在はありません。 聴力検査では軽い難聴と診断

解決済みの質問:

左耳に閉塞感があり、現在耳鼻科に通院中です。めまいもあったのですが、現在はありません。
聴力検査では軽い難聴と診断されています。以前通院していた耳鼻科ではメニエール、現在の
耳鼻科では耳管狭窄症(鼓膜も倒れているらしいです。)と の診断です。
耳なりもあります。

鼓膜は小さいころの中耳炎でやぶれたあとがあり石灰化しているとのことです。
最近では、低い音がききずらく男性の声、ピアノの低音部分がひずんで聞こえています。
今週おこなった聴力検査でも軽い難聴と言われました。
鼓膜も相変わらずのようです。
耳鼻科の先生はいつまで通えばいいのかの説明もないのでめんどくさくなっています。

正直、医療費もかかるので、もうこの症状があまりよくならないようならば
耳鼻科に行く必要もないような気もしています。

耳鼻科の検査は純音聴力検査と鼓膜の検査のみしかやったことがありません。
それとも、もっと他の検査もやれば病名がはっきりして治ることもあるのでしょうか?
文章が読みにくくて申し訳ありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①難聴の種類についてもう少し詳しい説明を受けられたことはありますか? 具体的には感音性難聴か、伝音性難聴か、といういうことですが。

②補聴器の使用を勧められたことはおありでしょうか。

③現在、耳鼻科に通われて、具体的にはどのような治療を受けられているのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

以前は詳しい説明もなくわからなかったのですが、今回は伝音と言われました。

補聴器の使用を勧められたことはありません。

現在は通気と鼻とのどのネプライザーです。

飲んでいる薬はアデホス、ストミン、シングレア、小青竜湯エキスです。

(アレルギー性の鼻炎もあります。)

 

難聴があるのは左耳のみです。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

通気とネブライザーは恐らくは耳管狭窄症、アデホスはめまい、ストミンAは耳鳴り、シングレアはアレルギー性鼻炎のお薬ですから、伝音性難聴を直接的に改善するような治療は行われていないようです。

伝音声難聴とは外耳と鼓膜及び中耳の障害による難聴で、聴神経には異常がないので治療可能性がある難聴です。
ただし、ご記載を拝読するかぎりは相談者様の伝音性難聴は中耳炎による鼓膜の石灰化によるものである可能性が高いと思われますので、改善は難しいかもしれません。
補聴器は役に立つと思われますが、
それに関する提案もなされていないようですし、現状の診療内容のまま通院を続けられても、少なくとも難聴の改善は得られないでしょう。

耳管狭窄症とアレルギー性鼻炎の治療のための通院として割り切られるならば現在の通院を続けられる意義はあるかもしれませんが、耳管狭窄症とアレルギー性鼻炎の治療の必要性を実感されていないのであれば、受診を休まれてみてもよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問