JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。今婚約者がいまして、彼のことについて相談させていただきたいと思います。 まず、彼は高校時代になんらかの

解決済みの質問:

こんにちは。今婚約者がいま して、彼のことについて相談させていただきたいと思います。
まず、彼は高校時代になんらかの病気で、左側の精巣を摘出されたのです。本人の説明だと、「おなかが冷えて、あそこの血が流れなくなって、ひどく腫れてたから、摘出しなければならなかった」ということでした。
それで、今まで付き合って1年強、2/3の時間は遠距離だったのですが、月に1週間~2週間で一緒にいられたのです。しかし、最初彼がセックスに興味があって、積極的だったのですが、性行為中、射精がなかなかうまく行かず、私もこのようなケースは始めて、結構焦っていました。本人にも直接聞いたことがありますが、いつも、納得できない言い訳しか言ってくれなかった。「部屋が明るいから集中できない」とか、私の脚が長いからとか、私のセックススキルが足りないとか、お腹が空いたからとか・・・これは射精できない理由になりますでしょうか?
一回、彼が性行為で射精できなくて、彼自分で手で触ったらいくことがあり、異変を感じて、いろいろネットで調べました。彼が、長年性行為がなく、この2,3年間仕事ですごくストレス溜まって、マスターベーションでストレス発散してしまったそうです。回数も結構頻繁だったようです。ただ、ネット上の情報により、こういう場合は正しい性行為で練習すれば直ることだと分かり、彼に積極的にセックスを求めるようになり、また彼の一人Hも制限してしまい、これはだんだん彼に別の意味でプレッシャーをかけてしまったようです。2月から同棲し、しかし性行為は今まで合計4,5回程度。最近別のことで喧嘩したら、突然、彼に「君のこと好きじゃないから、セックスしようと思わない」といわれました。。。
以上の2点(片側精巣の摘出、過剰マスターベーション)で、性機能不全の原因となることはあり得るでしょうか。それとも、本人の気持ちの話が大きな原因となっているのか、通常の男性だと、好きじゃなくても生理的にセックスしたいこともよくあるはずだと思いますが。。。ちなみに、その喧嘩の後、今仲直りはしていて、昨日の朝彼自然勃起もしていたが、やはりセックスしようともしないのです。
本人は非常にプライドが高く、自分を守るため他人を犠牲する傾向のあるほどですので、かなかな本人とこのような会話ができず、真相を知りたいので、どうぞご返事お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

精巣は一方を摘出しても体内の男性ホルモン(テストステロン)の濃度は保たれますし、実際にマスターベーションはできているわけですから、これが性 機能不全の原因であるとは思われません。

典型的な「膣内射精障害」であると考えます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/302204/

薬物療法も含めて治療法はございますが、専門医療機関の受診が必要です。
そのあたりは彼氏様とご相談される必要があるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答どうもありがとうございます。摘出の件はあまり関係ないことは分かりました。ただ、実は、「膣内射精障害」について、以前調べたとき、確認しました。ただ、それに心理的な影響がどれほどの割合が分からなくて、外部の治療のみで完治できるかどうか心配です。。。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
相談者様と彼氏様の場合、問題が複雑化しているのは確かです。

男性の性機能障害には、性欲、勃起、性交、射精、極致感、それぞれの段階での障害があります。
当初、彼氏様は、性欲、勃起、性交までは問題がなく、膣内射精障害のために射精以降のプロセスに支障が生じていたと考えます。

ところが、その後の色々な試みの結果、現在は一番最初の性欲の段階での障害が生じているようです(これは、相談者様を対象とした場合の性欲という意味です)。
もちろんすべての性機能障害に心理的要素が多かれ少なかれ関与していますが、膣内射精障害の場合は原因が物理的なものであることもあって、治療法としても心理療法よりは「射精訓練」とも呼ぶべき外的な治療が中心を占めます。
しかしながら現状、彼氏様の性欲減退に伴うセックスレスに近い状態になってしまっていますから、かなり本格的なセックスカウンセリングが必要で、それを経た後に膣内射精障害の治療を行うというステップを踏まなければならないでしょう。

そこまでの治療を行える医療機関は多くはありません(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
医療機関がみつかったとしても、彼氏様が定期的なカウンセリングに応じるかどうかも、ご記載を拝読する限りは判じかねます。

「外部の治療」が何を指しているのかにもよりますが、二次的に生じてしまった性欲減退に関して、心理的な治療が必要であるのは確かでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご丁寧にご回答どうもありがとうございました。

いろいろ悩んでいますが、単純に愛されていないことだけかもしれません。。。現実を受け入れないといけませんね。。。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問