JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

重症膵炎で何とか一命をとりとめました。その後感染性膵壊死と診断。発症から約2カ月39.0度台の高熱が持続し、腹くう内

質問者の質問

重症膵炎で何とか一命をとりとめました。その後感染性膵壊死と診断。発症から約2カ月39.0度台の高熱が持続し、腹くう内にドレーンを2本挿入。排液してますが今だ高熱はおさまらず。再びドレーン挿入を検討したいとのこと。CHDFもまわしていましたが、尿も出始めストップ。貧血があり定期的に輸血もしています。水様の下痢も続いており低栄養状態。この時点で胃ろうを進められ悩んでいます。予後はどうなるんですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

確認なのですがこれはご本人からのご相談なのかそれともご家族からのご相談なのか教えて下さい。
たいへん重症なご様子、ほんとうにたいへんだと思います。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事がないようですので30歳の男性の症例としてお答えを書かせていただきますね。
まちがっていたら申し訳ないです。

手元にある情報からしてかなりの重症急性膵炎を起こされたんですね。
今現在も感染症と戦っておられる、そして多臓器不全の危険がまだまだある、そして敗血症の危険もあるような状態の中、ほんとうに体力はものを言うと思います。

おそらく現在は中心静脈からの栄養に頼っておられ、かなり低栄養状態であろうことが予想されます。
膵臓によって産出される消化酵素もない状態ですから水様な下痢も続くでしょうからほんとうにきついと思います。

胃ろうの件ですが、急性膵炎の経腸栄養療法に関する無作為化比較試験が行われていますね。この結果、重症例でも早期からの経腸栄養が、中心静脈栄養に比べて合併症、特に感染性合併症を減少させることが証明されているようです。
胃に穴を開けることへの抵抗はよくわかりますが胃ろうはあとで閉じられますよ。
よくなられた暁には閉じてしまえばいいのです。

今の段階で栄養状態をよくすることはあなたの予後を左右すると思います。

今後よくなられても一生インスリンも必要になるでしょうし消化酵素剤も続けなければならないでしょうし、糖尿病や消化吸収障害とはうまくおつきあいしていかなければいけないでしょうが今はとにかく感染症が広がらないようにドレインを入れなおし、抗生物質でたたいて(ドレインで排出しない限りは抗生物質は中まで届かない)栄養状態を上げて、なるべくご自分の腸を使って栄養を取られていっていただきたいと思います。

私は膵炎の患者さんをたくさん診察する機会がある医師です。
ほんとうにたいへんだと思いますが、頑張っていただきたく思います。

もし、的外れの点やわからない点などがございましたらぜひ書き込まれて下さいね。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

良く理解できました。親切な回答ありがとうございました。できればこの病気の予後も知りたかったです。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

やはりご本人からのご相談だったんですね。
お若いし、ご高齢の方の重症膵炎とは違います。
予後は厳しいものがありますが、多臓器不全や敗血症を十分に予防できるよう、栄養管理を第一に今は考えて頑張ればだいじょうぶ。
お若いのですから。

一日も早く感染症がコントロールされて予後がぐんとよくなるようにお祈りしています。
頑張って下さいね。

医療 についての関連する質問