JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Nyarlathotepに今すぐ質問する

Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

受付no 11375061-60 で質問した88歳腹痛で入院した父が病院での処置が遅く死亡した件ですが、病院へ今までの経緯と質問をぶつけてみようかと作成した資料を下記に示しますので

質問者の質問

受付no 11375061-60 で質問した88歳腹痛で入院した父が病院での処置が遅く死亡した件ですが、病院へ今までの経緯と質問をぶつけてみようかと作成した資料を下記に示しますので、私の主張が正しいものな のか教えてください。病院への提示はアドバイスを頂いてから行いたいとおもいます。

   父は88歳の高齢で持病(骨髄異形成症候群)を持っており、病院の対応が難しかった点は理解できます。
 しかし、2回目の入院から、外科に移るまでの内科での対応には疑問と不信をぬぐえません。
 まずは、下記内容にて、最初の入院からの経緯をご理解いただき、私の疑問、意見に対し回答いただきたいと思います。 尚、勝手ながら回答は6月末日までに郵送願いたいと宜しくお願い致します。
経緯
(1)3/28~5/2 第1回目の入院:転倒よる大腿骨骨折
        ①整形による大腿骨骨折の手術は順調で歩行訓練も良好だった。
        ②整形の折笠医師より腸の状態が悪いので、慎重に対処するとの話有。
        ③胃カメラにより初期の胃がんが見つかり、内科医(茂木医師)より説明と今後の対応
         を検討する。⇒胃がんの治療はせず、当面骨折の回復を優先すると決める。
          ④退院時、内科医より腸の状態については特に説明がなく、老人特有の便秘の認識しか
なかった。
  (2)5/15~6/3 第2回目の入院
    ①5/15 p.m. 便が出ず、かかりつけ医(小野クリニック)より水府病院内科(茂木医師担当)へ入院。
    ②5/15~17 全く便が出ず、徐々にお腹が膨れてくる。
    ③5/18 全く便が出ず、お腹がパンパンで声も出せず、手に痛いと書く。急変に驚く。
          個室へ移る。
    ④5/19 ・早朝 茂木医師と話す
           内視鏡検査によるガス抜きが出来るかもしれないが穿孔の危険も高く、ガスが
           抜けるかどうかもわからない。大腸が全く動かない麻痺状態で、ガスや便が出た
としても、今後の回復を考えると難しいと指摘される。
⇒ 今、苦しんでいる状況を改善すること、つまりガスや便を出す事を
最優先に対処願いたい。その後のことは後で考えたいと医師に依頼した。
        ・昼 茂 木医師と話す。
           ガスや便を出す方策が無いのであれば、これ以上の治療はせず、家に帰る選択もある
           のではと医師に伝える。⇒ 環境も整っておらず、難しいと医師より言われる。
        ・p.m. 進展なし
           個人的見解かもしれないが、やはりガスを出す方策が無い事は納得できず、父が 
           頑張る意思を示している以上、最善の処置をお願いしようと考える。
    ⑤5/20 (日曜) 進展なし。37.6℃の熱。意識ははっきりしている。非常に苦しそう。
        ・a.m.  A看護婦より ‘腸の届くところには何も残ってない。腸が全く動いてないの
だから何やっても無駄‘  と言われる。
        ・夜中 A看護婦より ‘死亡の兆候は血圧の低下でわかる’ と言われる。
        A看護婦の言葉より茂木医師が前向きの治療を断念しており、放置されていると感じる。
    ⑥5/21  ・ 8:00~ 茂木医師と話す。
           外科的治療は出来ないかと問う⇒(医師)腸が麻痺しているので有効性が無い。
           内視鏡検査によるガス抜きを至急実施願うと伝える。⇒夕方実施すると言われる。
危険は認識しているが、これ以上、見ていられないとも伝えたところ
医師より ‘苦しみを見てられないからどうにかしてくれとは本人ではなく
       身内の自己満足だ‘  と言われる。
        ・昼 腸の内視鏡検査実施によりガス抜け成功。父の呼吸が明らかに良くなる。
        ・A看護婦と内科医(氏名不明:初めての医師)より検査の説明と後の保障は出来ないと
          説明あり⇒説明の目的が私には不明だったが、話は了解した。
        ・A看護婦が父の様子を見に来て、腹を触りながら ‘またすぐガスはたまる’ と言う。
        ・17:40~ 茂木医師と話す(初めは病室にて、私の長男と父入所の施設の責任者同席)
          ◦検査結果  腸は動いており麻痺はなかった。
                 腸の一か所が細くよじれており、内視鏡で直そうと試みたがだめだった。
2か所のガスを抜くことが出来た。
            ガスは抜けたが、白血球の値も下がり、腎機能も低下しており、意識回復も困難
            かもしれず、延命治療の範疇であることにはかわりない(医師)   
          ◦私より、腸の一か所の問題ならば、人工肛門で対処できないかと言ったところ
           かなりむっとされ私だけ別室へ連れて行かれる。
          ◦別室にて医師の話し
            今日の日付をきつく聞かれる。⇒19日に内視鏡検査の話をして21日に実施した。
                           対処は遅くない。
            患者の家族への対応にこれほど時間を使ったことは今まで無い。
            1つ治療をすると、すぐ別のことを要求され、混乱する。また、それはダメと
            納得させるため考えなければならず、時間をかけている。
            治療を個々に判断せず、おおまかにとらえて、自分に任せてほしい。
            あくまでも、延命治療であり、回復して退院することは無理。今まで100人以上の
患者の死を見てきた。最後はきれいにいかないかもしれないが、本人にとって最良の落とし所を探っていきたい。
    ⑦5/22  熱下がる。意識も戻り、会話もできた。食欲も戻り、食べたがる。
    ⑧5/23 本人いたって元気。 ただ少しづつ腹が膨れてきている。
⑨5/24  元気。
      ・12:00~ 茂木医師と話す。
           夕方、2回目の内視鏡検査によるガス抜き実施し、腸の状態検査し、外科的処置を
           検討すると説明あり。
      ・父に私から外科的処置(人工肛門)の説明をし、本人の意向を確認 する。本人は可能性が
あるならやりたいと意思表示する。
      ・夕方ガス抜き実施 ガスを抜くことで本人はかなり楽になる様子で、家族としては嬉しい。
                しかし、今回は、初回ほど腹がへこんでおらず、早い時期にガス抜きが
                必要ではないかと感じる。
      ・夕方 茂木医師と話す。
            外科的処置を行う方向で、明日外科の医師と話すことになった。
⑩5/25 ・10:30~ 外科牛嶋医師と話す。
          人工肛門の手術を行う方向で、5/28外科へ移す。
          私よりなるべく早く手術を実施してほしいと要望する
            ⇒栄養状態があまり良くないので、体調を考慮して実施するとのお話だった。
        ・父に手術の話をする。前向きにとらえており、心待ちに している様子。
        ・午後 お腹の張り具合いが気になる。このままでは、26,27日の土日をまた厳しい状況
         で過ごすことになりそう。茂木医師が病室に来るのを待ったが来なかった。
         21日の茂木医師との話し合いより、こちらから治療の要望を出せない雰囲気ができて
         しまったので、積極的に要求できない。
    ⑪5/26(土)  20:00過ぎ 病院より自殺を図ったと連絡あり。22:00頃病院へ行く。
           ・舌を切って死にたいと言う
⇒腸のガスによる痛み、圧迫感などの苦しみの中、未処置に対して絶望しての
 行為と判明。長時間の痛みで時間的感覚が狂っているようで、来週まで頑張
れば手術出来るからと納得させる。    
           ・早急にガス抜きをお願いしたいと看護婦へお願いする。
    ⑫5/27(日)  6:00 病室に来たB看護婦へガス抜きを至急してほしいとお願いする。
               ⇒その要望は家族の自己満足ではと言われ
               ⇒本人が苦しんでおり、明確な対処方法が存在している状況での真っ当な本人と家族の要望で自己満足ではないと強く反論する。
    ⑬5/28 ガス抜き処置なし。
         14:00 外科病棟へ移る
    ⑭5/29 ガス抜き処置が無かったので、午後看護婦さんに実施をお願いする。
          ⇒看護婦さんより大腸の内視鏡検査のことですねと確認あり。内科からの指示はないの
かと疑問を感じる。
    ⑮5/30  p.m. ガス抜き実施。少しは楽になったようだが、以前のような劇的効果が感じられない。
         p.m. 牛嶋医師より手術の説明を受ける。6/1(金) 実施予定。
    ⑯5/31 私が体調を崩し病院へ行けなかった。
    ⑰6/1 父の体調が手術出来る状態ではないと手 術できず。6/2若干持ち直すが、6/3夜、亡くなる。
1. 質問および意見
 前項、経緯にもとずいて時系列に列記してありません。私自身が重視している項目より書かせていただきました。
(1)5/18以降、容態が急変してからの医師は延命治療だと主張し、早期ガス抜きを要望する家族とは基本的   
   な考え方が異なっており、結果、ガス抜きの実施時期が遅れ、父の体に相当な負担を強いたといわざるをえない。
(2)1回目のガス抜きで腸が麻痺していないと判明、外科と人工肛門をつける方向に調整いただいたことは
   有り難かったが、外科に移るまでのガス抜きの間隔に問題があり、内科より外科へのガス抜き指示もなく、結果、長時間の腹部の膨張による内臓圧迫で父の心肺機能がダメージを受け、手術まで至らなかったと
 考えられる。
(3)5/20以降のA看護婦による暴言は許し難い。
 本人および家族にとって看護婦の言葉は医者の意思ともとらえられ、私も一時期看護婦の言葉で絶望した。
 しかし、根拠のない暴言であり、発言の意図が全く理解できない。
(4)患者の苦痛を改善してほしいとの訴えに、5/21に茂木医師より、5/27にB看護婦より
    ‘家族の自己満足だ’  との指摘があったが納得できない。家族の要望を抑えるための詭弁で
あるが、2名の人間に同様のことを言われた訳で、水府病院の考え方なのだろうか。
  (5)5/21茂木医師に別室に連れて行かれ言われたことに対して、どう考えるか。その後の経緯から以下の
    点は納得できない。
     ①処置は迅速だった。
     ②家族への説明にかつてないくらい充分過ぎるほど時間をかけている。
     ③自分の治療を細かく判断せずおおまかにとらえてほしい。
     ④延命治療であり、退院は無理。落とし所(死なせかた)をまかせてほしい。
  (6)5/21茂木医師に強く言われ、以後、私自身が遠慮してしまい、治療を強く要望できない状況に
    おいこまれた。結果、対処が遅れ、父の苦痛を長引かせてしまった。
  (7)1回目の入院の退院時、腸の状態に対する説明が茂木医師より全く無かった。腸の状況が当初から
深刻だった事は2回目の入院で初めて知らされた。1回目の退院時、きちんと説明があ
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 4 年 前.
正しい主張だと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

患者に対して積極的な治療を実施しなかったという行為は医療過誤に該当するのでしょうか。素人考えですが、医療過誤は実施した治療に対して是非が判断され易いように思いますが、行わなかった治療に対しては判断が難しくなるのではあるませんか。

病院には専門の弁護士に同席してもらい私の主張を提示したほうが良いのでしょうか。

尚、死亡後解剖は行っておらず、正確な死因は特定できないですが、一応、腸捻転と記載しておきますと言われました。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問