JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして、28歳の男性です。 身長は168cmで体重が50kg前後です。 喫煙者です。一日当たり10本前後吸っ

解決済みの質問:

初めまして、28歳の男性です。
身長は168cmで体重が50kg前後です。
喫煙者です。一日当たり10本前後吸っています。

脳以外の件でもお伺いできるようでしたら以下の症状についてお答え頂けないでしょうか。

最近、寝る時に息苦しくなって目が 覚めることが多くなってます。
階段を登ったり、運動をした後も息苦しくなり、胸が痛むことがあります。
心臓や肺に何か悪い部分でもあるのでは無いかと心配しています。

過去に大きな病気はしていません。
慢性的な肩、首のコリと目の疲れがあります。

仕事の関係でなかなか病院に行けず、近くの病院に行っても若いから大丈夫と言われ
詳しくは見てくれなかったので、ご相談に伺った次第です。
よろしければお答え下さいませ。

よろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

ご記載を拝読する限りでは、可能性は高くありませんが、若年性のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を疑って検査を受けられるべきかと存じます。

「痩せ型体型の若い喫煙男性の胸痛・呼吸苦」というこですと、まず疑われるのは肺に穴が開く「自然気胸」ですが、これはレントゲン写真で確認が可能ですから、相談者様の場合はこれは否定できるでしょう。

COPDは、タバコの煙などの有毒なガス・粒子に曝されることにより生じる慢性、進行性の肺の病気です。
咳や痰が多くなる気管支炎と主に呼吸困難の原因となる肺の組織破壊が混在し、典型的には50歳以上 になってから症状を契機に診断されます。初期にはレントゲンでは異常を認められませんが、CTによる精密検査を行なうことでより軽度の肺の気腫を検出できます。
このCOPDが、もっと若い時期に起こるのが若年性COPDです。

【若年性COPD】
http://www.nanbyou.or.jp/entry/118

もうひとつ、労作性狭心症や安静時狭心症も疑われるべきです。
これらの場合は平常時の心電図をとっても所見が得られませんから、負荷心電図や24時間心電図を施行する必要があります。

【狭心症】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10620200.html

通常診察では、たしかにこれらの詳しい検査は行ってもらえないかもしれませんので、「肺ドック」や「心臓ドック」を受けられた方が確実かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問