JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

3月12日の眼底出血と体調不良(極度の目眩)により地元の総合病院の脳神経外科を受診し CTやMIR検査を実施しまし

解決済みの質問:

3月12日の眼底出血と体調不良(極度の目眩)により地元の総合病院の脳神経外科を受診し
CTやMIR検査を実施しましたが特に異常が発 見されず、左目の白目部分に眼底出血していた事から、左目の裏側の血管に異常があるかもとの診断によりカテーテルによる脳血管造影検査を薦められ、3月14日の午後13:00より右腕から検査を始めましたが、針がうまく血管に刺さらず右足の付け根から再度、カテーテル検査を実施しました。造影検査を行った直後から頭痛・吐き気と最大の左腕が痺れだし、特に手首より指先の痺れが酷くて主治医及び看護師に痺れを訴えたのですが自動血圧計の圧迫により一時的な痺れだろうとの問診により、特に処置もされず、造影検査直後から翌日朝まで左腕の痺れを訴え続けたのですが、日にちが薬との診断により翌15日朝一番での退院指示が出て退院しましたが、26日にまで自宅療養しましたが一向に改善されなかったので
再度、主治医の診察を受けて左腕の痺れを訴えたところ、異常にあわててMIR検査を実施し、
右小脳への脳梗塞と脳幹梗塞が発覚しました。主治医の診察に疑問を持ち別の脳神経外科の
受診を希望し紹介状を書いてもらい受診して脳梗塞が確定しました。

結果として、左半身麻痺の後遺症が出て懸命のリハビリ中です!発症2ヶ月です!

その時点より主治医が病院の全責任による医療事故との見解により病院が入っている保険にて
賠償しますの説明を受けましたが、造影検査直後から左腕の痺れを訴えていたにも係わらず
適切な処置をしなかったから、血栓を溶かす点滴等の適切な処置する機会を逸した。

これは、素人目でも医療ミスと思われると感じますが、これは医療ミスですか??

病院側も主治医も医療事故のみで処理しようとしているのですが、適切な処置が遅れた
事に関しても医療ミスもあるのではないでしょうか??

本件、双方弁護士を立てて協議中です!が1ヶ月半経過したのに話が一向に進みません。
相手側の病院は市立病院の為、地方公務員の地位を悪用して協議を引き延ばしています。

弁護士先生にお任せしておりますが、当事者である私なれいに医療事故及び医療ミスに
詳しい医師等にカルテ資料等を元に色々な意見を聞きたいと思い相談しました。

一般的なご意見として医療ミスになりうるのか教えて下さい。

長文になりましたが、ご意見宜しく御願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  U-SUKE 返答済み 5 年 前.

自動血圧計の圧迫による痺れと判断したのであれば、まずは自動血圧計の位置を変えるのが当然の対応ですね。それ以前に、看護師の見解でも血圧計の圧迫によって痺れを訴えることに違和感を覚えるのが普通だと感じます。

患者さんの訴えを無視して、退院までさせたことは病院の管理体制に疑いを持って当然であり、処置の遅れも病院側に責任があると言える…そう判断します。

 

カテーテルを用いる検査を行なう時点で、血栓が形成されるというリスクは、検査前に必ず説明するはずで、医療者側も配慮しておくべき事項です。症状の改善を確認せずに、なぜ退院させるという経緯になったのかを問いただしてみてはいかがでしょうか?

 

検査時にも、症状に関する記録がされていたのかも気になるところです。

U-SUKE, 看護師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 11
経験: 公立総合病院での実務経験を経て、看護学の専任教員として働いています。
U-SUKEをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

カルテには、検査直後より患者が左腕の痺れを主張している旨を時系列で検温時間毎に

記載されています。

 

それでも主治医は退院指示を出しました。

 

結果として脳梗塞の発見が遅れ左半身に麻痺が残る後遺障害が発生しました。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
病院側はカテーテルの脳梗塞発症のリスク説明に終始しているが、脳梗塞んぼ発症が疑われる、カテーテル検査直後よりの左腕の痺れに関しては、主治医の判断ミス?

小脳梗塞と脳幹梗塞を併発しておりますが、左半身麻痺(痺れ:正座していて足が痺れて立てない様な感覚)のみで、身体機能(手足は動かせます)言語OK(2週間でほぼ回復)
個の様な状態ですが、脳梗塞発症直後に血栓を溶かす点滴等で
治療出来ていれば、100%とは言わないけれど、かなりの確立で後遺症が軽減出来たのか?(一般的な意見としてお聞きしたい)宜しく御願い致します。
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.

再投稿:回答が不完全. といっても、看護学の専任教員さんの回答を承諾しているではないですか。

 

一般論としては、もちろん、脳梗塞の治療は早く開始すればするほど予後良好です。後遺症はかなり軽く済んだでしょう。3月12日から数えて2週間後に血栓溶解療法を行っても、ほとんど効果は期待できないのではないかと思いますよ。

Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
経験: 
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問