JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

非代償性肝硬変と診断されています。身体のいろんな筋肉が痛みます。こういう場合たんぱく質の摂取が足りないと言う事なので

解決済みの質問:

非代償性肝硬変と診断されています。身体のいろんな筋肉が痛みます。こういう場合たんぱく質の摂取が足りないと言う事なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

有痛性の筋肉痙攣は、比較的病歴が長く重症な肝硬変の方でしばしば認められる症状です。
ふくらはぎに起こる場合が多いの ですが、全身の筋肉で起こりえます。
電解質のアンバランス、脱水状態、寒冷、ビタミンB類の不足、タウリン(アミノ酸の一種)不足が要因とされていますが、原因については未だ一定の見解がありません。
なので相談者様の場合も食事指導がなされないのかもしれません。

一般的には、食事で留意するべき点としては、タウリンの多く含まれているもの(貝類、甲殻類など)や良質の蛋白質を適度に摂取するなどにより、予防が期待されます。
ただし、肝硬変の方は過度な蛋白摂取は、時に肝性脳症の引き金になる場合もありますので、主治医に相談されてから摂取量を決められるべきでしょう。
また最近ではアミノ酸のアンバランスも一因と考えられ、分枝鎖アミノ酸(BCAA)製剤が処方される場合もあります。これを補給するためのアミノレバンというお薬もありますから、こちらも主治医と相談されてみるとよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問