JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

三井記念病院にて”脳ドック”の検査結果でMRI 異常所見なし、MRAで動脈瘤が疑われます、でした。 脳のことで、全

解決済みの質問:

三井記念病院にて”脳ドック”の検査結果でMRI 異常所見なし、MRAで動脈瘤が疑われます、でした。
脳のことで、全然察しがつきませんが、動脈瘤は少し怖い印象があります。
検査結果の説明は来週(14日)参りますが、その間もし少しでも様子がわかればと思いメールしました。当方70歳(女)です。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

脳動脈瘤に関する一般的なご説明をご所望と理解し、以下回答いたします。

 

脳動脈瘤とは、脳の動脈にできた、血管のこぶのことで、血管が枝分かれする場所によく出来ます。

大きさは直径が2 mm程度の小さいものから、2cm以上の大きなものまで様々です。

脳動脈瘤ができる原因は明らかになっていませんが、高血圧、喫煙、動脈硬化、加齢がリスクファクターとして知られています。

 

脳動脈瘤は、全人口の5%、つまり20人に1人は持っていると言われています。

大多数で脳動脈瘤による症状は認められません。

 

脳動脈瘤が問題視されるのは、、動脈瘤がくも膜下出血の準備状態と考えられているからです。脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こすと、約半数は即死あるいは昏睡状態に陥るという重篤な状態を招きます。


また、まれに未破裂脳動脈瘤が大きくなって脳神経を圧迫して脳神経麻痺をきたすこともあります。

 

最近は脳ドックでMRAが行われるようになり、無症候性の脳動脈瘤が発見される率が増えてきています。

脳動脈瘤が発見された場合、経過観察を行うか、手術的治療を行って脳動脈瘤を破裂しない状態にするか、どちらかが選択されます。

 

明らかな症状がない未破裂脳動脈瘤の治療方針については、未だ定説がありません。

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こした場合のリスクは前述の通りですが、脳動脈瘤が破裂する可能性はそれほど高いものではありません。一方で、脳動脈瘤に対する手術そのものが脳に傷をつけ、合併症を起こす危険性があります。

 

無症状で、相談者様のように偶然発見された脳動脈瘤をどう取り扱うかは非常に難しく、結論が出ていない問題なのです。

 

日本脳神経外科学会が行った研究では、未破裂脳動脈瘤の年間破裂率は1%弱という結果が示されています。

日本脳ドック学会では、「70歳以下で動脈瘤の最大径が5ミリ前後よりも大きく、かつ外科的治療の妨げになる条件がない場合には、開頭手術あるいはカテーテル治療を勧める」としています。

 

相談者様の場合は、年齢的にはこの推奨ラインぎりぎりですから、主に、みつかった脳動脈瘤の大きさ次第で治療方針が決まることになるでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お役にたちそうなサイトをみつけましたので紹介いたします。
未破裂脳動脈瘤の治療方針
http://www.higashi.hosp.city.nagoya.jp/kamoku/sinryou/nousinkeigeka06.html

医療 についての関連する質問