JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

五年前より鳥過敏性間質性肺炎にかかり特に治療法もなく、鳥や羽布団ダウンジャケットから隔離する生活を続けてきましたが、四月四日のCTで肺がんが見つかり、担当医は肺線維症があるので放射

質問者の質問

五年前より鳥過敏性間質性肺 炎にかかり特に治療法もなく、鳥や羽布団ダウンジャケットから隔離する生活を続けてきましたが、四月四日のCTで肺がんが見つかり、担当医は肺線維症があるので放射線も抗がん剤も使えないとのこと。さらに幼児性の癌と同じで進行が早く、四月十八日のPET検査ではさらに2.5センチ大きくなっていました。ちなみにアドエア吸入薬の影響で糖尿になり、去年の十一月入院してインシュリン注射をしています。入院中癌マーカーが異常に高かったため胃カメラ検査、結果は白でした。担当医から肺線維症患者は肺がんになる確率が七倍高いと聞いていたので、肺検査を頼みましたが、やらずじまいでした。退院後、今年の一月半ばくらいから、胸が圧迫されるような痛みがあり担当医に告げたのですが喘息があるからだろうと、吸入薬をくれただけでした。痛みも咳もひどくなる一方でしたので、四月にようやくCT検査をして今回の結果になりました。呼吸器科担当医になぜマーカーが異常値わ示したとき検査をしてくれなかったのか聞くと、あの時の入院は内分泌かだったから、と言い訳する始末で馬鹿らしく信用出来なくなりました。今後は担当医が代わり、脳への転移を調べ、使える抗がん治療をするかも知れない、と言われました。それも癌を治すのではなく、もしかしたら、進行を遅らせる事が出来るかも知れない、といった程度です。私は副作用も考え、すべての治療をやめて緩和治療をした方が、とも考えるのですが、他に何か良い方法はないのでしょうか? 67歳男性。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいと思います。

ほんとうにたいへんな中ご相談くださいました。
腫瘍がかなり大きいことと、左の気管支を圧迫するような位置であること、そして難病の間質性肺炎の持病をお持ちでしかも糖尿病も。。。

現在の呼吸状態はいかがなのでしょうか。
今の病院での治療を続行されるか、ガンの専門の病院に転院されるかそのあたりはどうなのでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
安静時はいくらかましなのですが、少し動くと呼吸が苦しくなります。咳止めを使用してからはそれでもこまかく呼吸すれば何とか呼吸出来る状態にはなります。ひどい時は突然息が吸い込めず、このまま窒息するのではないかと思う程苦しくなります。それでも携帯酸素を持ち歩き生きている間にすべき事をしています。先日、四月二十五日から二日入院して肺カメラによる生検査やりました。明日MRIで脳の転移を調べ、十日に新しい担当医の診断を仰ぐ事になっています。担当医は入院中の担当した医者から、前の担当医では偉すぎて(ちなみに有名な肺の権威)チームワークがとれず情報 も入らないので新たに別の担当医に返させてもらいます、との事後報告でした。放射線、抗がん剤もだめだと言う事なので、自分なりに調べましたところ、重粒子線治療と言うのがあるそうですが、千葉の放射線医学研究所と群馬大にかなく、費用も300万以上かかるらしく試すには高額かと思います。友人からはペフチドワクチンが効くと聞きましたがどうなんでしょうか? 久留米大学に問い合わせたところ肺癌患者の希望が多く、現在は臨床を断っているとの事でした。現在東京医科歯科大にかかっていますが、他に癌専門病院にかかった方が良いのでしょうか。担当医の話では余命は短く時間があるかわかりませんが。緩和医療施設あるいはチームがある病院も二三当たってみましたが、どこも二ヶ月から三ヶ月待ち、おまけにベッドが開けばという答えでした。全く楽に死ぬ事も出来ないのかと日本の医療に絶望するばかりです。           
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

呼吸状態があまりよくないようですね。
お気持ちをお察しいたします。
人間、何が一番大切かといえば呼吸ですものね。それがスムーズにできないとなるとほんとうに辛いと思います。

重粒子線治療のような特別な放射線治療は私も考えていました。
私の考えていたのは陽子線治療です。確か適応すれば保険も効くはずです。
ただ、このような放射線治療もあなたのケースが腫瘍の種類もはっきりしていませんし、大きさがかなり大きいことでこういう治療が適応になるかどうかは難しいところだと思います。
脳には転移はないのですよね。
こういう治療は原発のガンでしかも転移があれば適応ではありませんので。

できる限りのことはしていただきたいと私も思います。
現在とてもいい病院におられるので先生方にできるだけのことはしてもらって下さい。
地方の小さい病院におられるのであれば転院をお勧めしようと思いましたがそういうわけではありませんから。

http://www.nptc.city.nagoya.jp/center/newsletter.html


http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/consultation/pbt.html

参考になればいいのですが。
質問者: 返答済み 5 年 前.
東京医科歯科大には緩和治療チームがいないそうで、対応も専門的ではないとの事でした。出来れば緩和チームのいる病院への転院を希望しているのですが、どうでしょうか?
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
もしそれがご希望であるのなら、医療ソーシャルワーカーにご相談になってはいかがでしょうか。
彼らの方が詳しい情報を持っていると思いますよ。

医療 についての関連する質問