JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

神経内科になるかとおもわれますが、よろしくお願いします。 母親(83歳)の脊椎小脳変性症について、質問します。

解決済みの質問:

神経内科になるかとおもわれますが、よろしくお願いします。
母親(83歳)の脊椎小脳変性症について、質問しま す。

10年前に、ある医大の神経内科にて上記の診断をされ、特定疾患医療受給者に認定を受け、
現在は特別養護老人ホームに入所し、車椅子生活で介護を受けています。

その医大には9年前の受診を最後に、検診等は受けておりませんが、
老人ホームで行なっているリハビリが良いのか、ここ最近の症状に若干ですが、改善のような兆しが見られます。

初診の担当医からの紹介が引き継がれて、今の老人ホームの担当医に、受給者証更新申請もして頂いておりますが、
その申請書には、診断として皮質性小脳萎縮症となっており、処方せんはセレジストとなってます。

検診等は受けなくてもいいものでしょうか?又リハビリ効果は期待できるものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

脊髄小脳変性症にもいくつかの亜型があり、皮質性小脳萎縮症はそのひとつです。非遺伝性で、パーキンソン症状や自律神経症状がほとんど現れず、小脳の萎縮がゆっくりと進行するタイプです。

進行性の疾患ですから進行を止めることはできませんが、リハビリテーションによって残存機能による日常生活自立度の維持はある程度期待できるでしょう。

大学病院は、施設から話がなければ受診する必要は無いと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答、ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問